なごり雪 あるいは、五十歳の悲歌|MOVIE WALKER PRESS
MENU

なごり雪 あるいは、五十歳の悲歌

2002年9月28日公開,111分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

尾道シリーズで知られる大林宣彦監督が、名曲「なごり雪」をモチーフに新たなドラマを創造。50歳の男の帰郷を通し、ノスタルジックな青春の追憶を描く人間ドラマだ。

映像の魔術師・大林宣彦の世界【『海辺の映画館-キネマの玉手箱』特集】

映像の魔術師・大林宣彦の魅力に迫る PR

余命3か月を宣告されながらも、故郷である尾道を舞台にした超大作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』を完成させ、今年4月10日に82年の生涯に幕を下ろした大林宣彦監督。本特集では大林監督が手掛けた作品群から、その平和へのメッセージを解き明かす。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

かつての親友・水田から手紙を受け取り、28年ぶりに故郷の臼杵に向かう祐作。そこで全身を包帯で巻かれ、静かに死を待つ水田の妻・雪子と再会。やがて彼の心に、雪子と出会った若き日の記憶がよみがえる。

作品データ

製作年
2002年
製作国
日本
配給
大映
上映時間
111分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?