胡蝶の如く:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
胡蝶の如く
胡蝶の如く

胡蝶の如く

1924年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

キャスリーン・ノーリスの小説として好評を博した「胡蝶」を映画化したもので、脚色者は「子煩悩」「燃ゆる砂」「女は曲者」「唖も語る」などのオルガ・プリンツロー、「誰が罪ぞ?」「信号塔」などで一寸売出しのクラレンス・ブラウンの監督下に、ユ社新進のローラ・ラ・プラント、「メアリー・ゴー・ラウンド」「ノートルダムのせむし男(1923)」などのノーマン・ケリー、ブルーバード映画時代から返り咲きのルース・クリフォード、プリファード映画でお馴染みのケネス・ハーラン、「負けじ魂」「アダムとエヴァ」など出演のT・ロイ・バーンズ、最近エフ・ビー・オーの「離婚」に出演したマーガレット・リヴィングストンなど主演の下に製作されたものである。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ヒラリー・コリアーはうら若い自分の身をただ1人の妹ドラのため何事によらず犠牲にして来た。お互いに憎からず想っていた恋人すらも妹に譲って妹の身の幸あれかしと祈っていたがわがままなドラは好んで結婚したクレイグあるにも不拘、天才音楽家のクロンスキーに想いを寄せた。クロンスキーと姉のヒラリーとは心から愛し合うようになったので、姦しい社交界の男女の渦巻に交じって、姉妹の恋の葛藤が始まったが、さすがのヒラリーも遂にクロンスキーへの恋だけは妹に譲らなかった。そしてクレイグの真の愛に動かされ、クロンスキーとヒラリーの力強い恋を知った時ドラはさすがに我が身を恥じて姉の幸福を祈り、心からクレイグの愛に生きる決心をしたのである。

作品データ

原題
Butterfly
製作年
1924年
製作国
アメリカ
配給
ユニヴァーサル支社
上映時間
0分
製作会社
ユ社ジウエル映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?