アザー・ピープルズ・マネー:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
アザー・ピープルズ・マネー
アザー・ピープルズ・マネー

アザー・ピープルズ・マネー

1992年2月11日公開、0分、コメディ
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

熾烈なマネー・ゲームと恋の駆け引きを織り混ぜたコメディ。監督・製作は「月の輝く夜に」のノーマン・ジュイソン、共同製作にリック・キドニー、エグゼクティヴ・プロデューサーはエレン・M・クラスとダヴィーナ・ベリング、ジェリー・スターナーのオフ・ブロードウェイの人気舞台劇をアルヴィン・サージェントが脚色、撮影は「ブレイズ」のハスケル・ウェクスラー、音楽は「あなたに恋のリフレイン」のデイヴィッド・ニューマンが担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ミスとは無縁のコンピュータ「カルメン」を操っていた企業乗っ取り屋のラリー(ダニー・デヴィート)は、またしても新しいターゲットを見つけ出した。それは負債ゼロ、創業81年の優良企業『ニューイングランド電信電話株式会社』で、ラリーはいつもの調子で成功の報告を待つばかりだった。ところが決して妥協を許さない会長のアンドリュー・ジョーゲンソン、通称ジョーギー(グレゴリー・ペック)がそうはさせまいと立ち上がった。恐ろしいほど守りが固いジョーギーのアシスタント兼恋人のビー・サリヴァン(パイパー・ローリー)や、ジョーギーの後継者であり突然立ち込めた暗雲におののく社長のウィリアム(ディーン・ジョーンズ)もラリーの前に立ちはだかる障害となった。またビーの娘でニューヨークで働く美人弁護士ケイト・サリヴァン(ペネロープ・アン・ミラー)もラリーにとっては魅力的な手ごわい相手。ケイトを自分と対等に渡り合える敵であると睨んだラリーは、以後マネー・ゲームに恋のゲームにと闘いを繰り広げる。金が全ての世界で始まった真昼の決闘、清算人ラリーを迎え撃つケイト、ジョーギー、ビー、『ニューイングランド社』、町の住人たちの闘いは、住民投票の末、ラリーが勝って決着。ただし、ケイトは日本企業との取り引きを決めていたのだった。

作品データ

原題
Other People's Money
製作年
1991年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース
上映時間
0分
製作会社
ヨークタウン・プロ
ジャンル
コメディ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?