ゴッドファーザーPARTIII|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ゴッドファーザーPARTIII

2003年8月27日公開,162分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • netflix

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

マフィア・ファミリーの年代記をつづった、フランシス・フォード・コッポラ監督による壮大な大河ドラマのシリーズ最終章。名優アル・パチーノが、暗黒社会に君臨しつづけるマフィアのドンの苦悩と孤独を、秀逸な演技でにじませる。(リバイバル上映)

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

79年。すでに年老いたコルレオーネ・ファミリーのドン、マイケルは、ファミリーのビジネスを合法的なものに移行させ、甥であるビンセントを後継者として育てようとしていた。だが、血気盛んなビンセントが暴力沙汰を起こし、内部抗争に発展していく。

作品データ

原題
The Godfather Part III
製作年
1990年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント=UIP
上映時間
162分

TM&Copyright[c]1990 by Paramount Pictures. All Rights Reserved. FROM ZOETROPE STUDIOS. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    3.0
    2019/1/7

    前作が、現代パートが迫力不足だったのに比べ、今作は、1979年頃を舞台にしており、時代もあまり飛ばないので落ち着いて見られます。
    年末にTVで放映、オリジナルから20分程度カットされたものの、大作には違い無かったです。
    バチカン法王庁との絡みが今回の肝。
    実力者の枢機卿に懺悔して嗚咽するマイケルの姿にこちらももらい泣きしそうに。
    コッポラ監督の娘が第一作の洗礼式の赤ん坊(男児役?)から成長して立派な娘に。でもこのソフィア・コッポラは父親同様、監督になってしまいますが。
    マイケルの妹役、コッポラ監督の妹のタリア・シャイアが、「極道の妻たち」のような迫力を湛えているのが意外ですが、最後まで暗黒街になじめなかった、妻ケイとの対象ですかね。先の枢機卿には告白しても、妹には教えてないとか、マイケルの業は深すぎた。
    ラストは、師匠黒澤明「乱」を思わせる、苦悩に満ちた叫び声を上げます。ちと定番すぎかも。
    バチカンでも血なまぐさい事件が起き、マイケルの部下も、第一作のかっこいい殺し->逃走とは行きませんでした。罪を自ら被った彼(部下で殺し屋)がどうなったか、一瞬だけ画面に登場。

    ジョーイ・ザザ暗殺場面とか、前作を思い出し過ぎて、サービスなのかネタ切れなのかちょっと悩みます。
    面白いけど、新味は不足。

    違反報告