グッドナイト&グッドラック|MOVIE WALKER PRESS
MENU

グッドナイト&グッドラック

2006年4月29日公開,93分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

人気俳優ジョージ・クルーニーの監督第2作。米国の伝説的なニュース・キャスターとその番組スタッフたちの壮絶な闘いの日々を、シャープなモノクロ映像で描く社会派映画。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

共産主義者を告発する“赤狩り”が猛威を振るう1950年代の米国。CBSのキャスター、エド・マローは、その急先鋒であるマッカーシー上院議員を自らの番組で批判し、彼との全面対決へとなだれ込んでいく。

作品データ

原題
GOOD NIGHT, AND GOOD LUCK
製作年
2005年
製作国
アメリカ
配給
東北新社
上映時間
93分

[c]2005 Good Night Good Luck, LLC. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2009/9/12

    「デビッド・ストラザーン」という人を知りたくて、Wikiで引いてみたのだけれど、何も出てこない。「デヴィッド・ストラザーン」でOK。ここにIT時代の大きな落とし穴がある。もっと気軽に検索できなければ。それにしても渋い役者さんです。 本来「ジョージ・クルーニー」がキャスターであっても良いはずなのに、自らはディレクターに徹して、キャスターを盛り上げている。見事というより他はない。 他のレビュアーの方が、「何故今の時期に?」と言われていましたが、共産主義の危機は去ったとしても、「テロリストの脅威」が全米を吹き荒れていたのは、ごく最近ですよね。「グァンタナモ基地問題」とは何だったのでしょうか。今に続いている問題です。 それにしても「タバコの煙が目にしみ」たのは私だけでしょうか。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2008/3/9

    ストーリーは50年代の「赤狩り」なんで あまり日本人としてはピンとこないところもあるけど 実在の人物、実話ってことで 重みのある内容になってました。 時間も短く収められて良かったと思います。 何といっても映像がシブい! モノクロっていうだけじゃなく 人物のアップの使い方、 タバコの煙の使い方、 音楽もテレビ局のジャズ演奏をうまく使ってました。 ジョージ・クルーニーってやっぱり才能ありますねぇ~。 天は二物も三物も与えちゃいましたね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告