再生の曙光:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
再生の曙光
再生の曙光

再生の曙光

1920年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

A・I・R・ワイリー女史原作の「暁の寺院」The Temple of Dawnをジューン・メイシス女史が脚色し、ダラス・M・フィッツジェラルド氏が監督した人情劇で、主役は先頃「赤熱の十字架」で名声を挙げたバート・ライテル氏と「ヴィクトリー」主演のシーナ・オウエン嬢で、その他珍らしくクレオ・マディソン嬢も姿を見せている。ニュース誌は大したものでないと評している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

英国士官レー・ダーリングはインドから英国に帰ってから、社交界の煩わしさに耐えず、養父の殺害事件起こるや再びインドへ渡り、彼の消息は絶えてしまう。彼の妻ジャンは夫を死んだと信じて、彼の友人と結婚してインドへ来る。ダーリングは妻と我が子を見て、再び社交界に帰る。そして妻の新しい夫が殺されてから再び妻との仲が復活する。

作品データ

原題
The Price of Redemption
製作年
1920年
製作国
アメリカ
上映時間
0分
製作会社
メトロ特作映画

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?