手紙(2006)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

手紙(2006)

2006年11月3日公開,121分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

直木賞作家、東野圭吾の原作を映画化。主演は東野の原作をテレビドラマ化した「白夜行」に続き山田孝之。兄役に玉山鉄二、ヒロインには人気上昇中の沢尻エリカが扮する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

プロのお笑い芸人になる夢を持つ青年、直貴。しかし彼は、夢や仕事、恋愛といったもの全てを諦めていた。それは兄の剛志が、彼を大学に行かせるために強盗に入った家で殺人を犯し、刑務所に服役しているためだった。

作品データ

製作年
2006年
製作国
日本
配給
ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間
121分

[c]2006「手紙」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

4.2
  • rikoriko2255

    みるみる

    2.0
    2015/8/2

    誘われたので試写会で見たのですが、「手紙」のロゴが入った小さなタオルハンカチをもらいました。そんなに泣ける話なのか!と期待大で見ましたがそんなにいい話ではなかったな。 小説は読んでませんが色々とキレイ事過ぎますわ。 加害者が本当はとってもいい人で、たまたま起きてしまった事件がベースで、弟がこんなに苦労して、って言われてもじゃ被害者は?って思っちゃう。 被害者の息子さんがもう終わりにしましょうって事になる場面、何の非もない親を殺されて数年であっさり許すってあり?弟は関係無いかもしれないけどちょっとね。 織り交ぜられる恋愛模様もよくあるパターンですよね。令嬢役の吹石一恵さんが好きなのでそれだけはよかった。 原作と設定がちょいちょい違うらしいので本当はどんな作品なんだろう、と思いました。 沢尻エリカの演技も評価高いって事で期待したけどそんなにうまいと思えなかった。関西弁が無理があったのかな。 私的には2時間ドラマで好きな俳優さんが出てたら見れば?的な分野でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    jemmy

    5.0
    2007/3/4

    スクリーンが見えなくて困りました。 弟のために罪を犯してしまった兄から弟への『手紙』 そして、たった一人の肉親、弟から兄への『手紙』 真実を知って手を差し伸べて欲しいと願う 社長への『手紙』 愛しい人とその兄をつなぐ『手紙』 離れ離れに暮らす父から娘への『手紙』 加害者から被害者の遺族への『手紙』 それぞれの手紙には、それぞれの素直な思いが書き綴られていたのでしょう。 人を思いやる気持ちが、ひとつひとつの文字に込められていたのでしょう。 罪を犯すということ、罪を償うということ、 人を愛するということ、家族の絆… いろいろなことを考えさせられる作品でした。 この作品を友人に勧めようと思います。 Eメールではなく、『手紙』を書いて…。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    Hankus Q

    5.0
    2006/12/9

    人間てさみしい生き物だと改めて考えさせられた 犯罪からできるだけ遠くに身を置こうとするのは人間の防衛本能からして当然と差別を肯定する会長に義憤する自分と納得する自分 兄と絶縁しようとする弟に賛成する自分とそれは違うと考えてしまう自分 差別が子供に及んで引っ越そうとする夫と残ろうとする妻のどちらがいいのか考えてしまう自分 原作と違って笑いを兄と弟の対面に持ってきたのは感動物だった 沢尻エリカが多くの男優のなかで強い女性を演じて目立っていた

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    To-Shi

    4.0
    2006/12/8

    手紙でつながり、手紙で苦しむ。 犯罪者の兄に苦しみ、逃げ場のない人生。 それでも、ちゃんと分かってくれる人もいる。 しっかり泣いて下さい!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    hitoshi

    5.0
    2006/11/27

    かなりヘヴィーな内容で展開して 行きます。 玉山鉄二がよい。 吹石一恵がよい。 安易な、お涙頂戴ものとは決して 違うので、私のように映画に入り込む タイプの方は、体調の良い時に 御覧下さい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告