ディパーテッド|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ディパーテッド

2007年1月20日公開,152分
R-15
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

香港の犯罪ドラマ「インファナル・アフェア」をマーチン・スコセッシ監督がレオナルド・ディカプリオ&マット・デイモン主演でリメイク。警察とマフィア、それぞれの組織に潜入した2人の男の運命を描く。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

幼い頃から可愛がってくれたマフィアのボスの内通者になるため警官になったコリン。そのボスの元に、潜入捜査を命じられた警官ビリー。正体を偽り生きる2人だったが、警察とマフィアの双方でスパイ探しが始まる。

作品データ

原題
The Departed
映倫区分
R-15
製作年
2006年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
152分

[c]2006 Warnar Bros. Entertainment Inc. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    あすしんあさたいマンマ

    4.0
    2020/11/13

    嫌いじゃないけど…
    あーやっぱり死んじゃった、というのが最初に観た時の感想でした。
    刑事の汚職については、日本も色々映画やドラマになってますけど、こういう感じのものはないなーと思います。
    なんとなく救いがない感じも、いつ観ても考える題材をくれる。
    落ち込んでる時は観ないほうがいいですが、何かを考えたい時はいい映画ですよ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    marimo

    4.0
    2007/2/9

    衝撃的でした。
    タイトルから、予想はしていたんですよ。
    でも、それを上回る結末でした。
    畳み掛けるような最後で、劇場出た後、その結末に
    唸りっぱなしになりました。
    「お前もかっ!!!」ってね。


    ディカプリオ、良かったです。うん。
    久々に彼の映画を観ましたけど、マフィアに潜入して目の前で起こること一つ一つに動揺している様が、痛々しくって。
    精神科の女医さんじゃないけど、あの繊細な雰囲気には包み込んであげたくなってしまうのは、分かるかなぁと。でも、この2人の関係はプラトニックのままの方が、私的には胸に来るものがあったかなって・・。

    マット、あまり変化の無い表情。
    ウソツキ者ー!!!でも、そこが良かったな。
    権力に固執している感じも、普通を望むビリーと対照的でした。

    ジャック・ニコルソンは、もう。
    最強でしたね。
    何をするか分からない雰囲気に、あの表情。
    彼が出てくるだけで、緊張しまくりでした。

    って、私のお目当ては、実はマーク・ウォールバーグだったのですが・・。
    いや~、凄かった・・、あの汚い言葉、連発なセリフ。
    ボストン出身で、昔は逮捕される側だった過去を持つマークが演じる刑事・・。
    一つのセリフにどれだけ汚い言葉を入れられるのか試しているような感じでしたけど、あんな感じなんですかね?ボストンのお巡りさんは・・。
    それはそれで怖いですけど、最後が私的には不可解でして・・。
    あれはどういうことなんでしょうか???
    そこだけ、謎・・。


    152分、全然長く感じなくって、良かったです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Hankus Q

    4.0
    2007/2/2

    全体のストーリーに大きな違いはない。
    でも、空気が違うし、別物として観た方がおもしろい。
    ディカプリオという俳優がちょっと好きになったかな。カレの映画では「バスケット・ダイアリーズ」と「マイ・ルーム」が特に好きだけど、それに負けない強さと弱さと持ったいい役をこなしている。
    マット・デイモンもいいんだけどちょっと違うかな・・・配役ミスだと思った。
    もっときれのいい印象のある俳優のほうがいいように思ったのは俺だけか・・・
    マーティン・シーンは持ち味をそのまま生かしたいい俳優だ。
    ジャック・ニコルソンはまさにはまり役だ。見てるだけで憎らしい役、ゾクゾクする。
    でも、これでアカデミー作品賞は無理だと思うよ・・・ただ、監督賞をあげたいなあスコセッシ監督に!!

    違反報告
  • rikoriko2255

    ★ハイジ★

    2.0
    2007/1/25

    途中まではレオ演じるビリーの良心・恐怖・責任感・孤独・不安..が背景と共に上手く描かれていて次の展開を楽しみに面白く観られたのに...。
    精神科医が怒りに任せてCDを夫に聞かせる考えられない行動から始まる終盤は酷い>_<。

    俺もねずみ・お前もねずみ・俺だってねずみ...あっちでもこっちでもチュウチュウチュウ(笑)バンバンバン。そして誰もいなくなった...なんじゃこりゃ(^▽^;)

    完全にレオが主役でビリー目線で観る作品になっているけれど、最初の企画通りにブラピが相手役だったら(どちらがコリンを演じても)コリンvsビリーをもっと違った角度で..コリン側にも感情移入して観られる深い作品になっていたんじゃないかと思います。

    精神科医役もいかにも切れそうな飛び切りの美人か、もさっとしているけれど温かみのある素朴な可愛らしさの溢れる人かの両極端でないと説得力がない。

    唯一秀逸なのが、コリンの幼少時代を演じた子役の抜擢!!マッド・デイモンにそっくり(@_@)です☆

    で、精神科医のお腹の子は誰の子??

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    hitoshi

    3.0
    2007/1/20

    それなりに、テンポ良く展開して行き、
    それなりに楽しめます。
     
    オリジナルを知らなければ、
    どうということもない仕上がり
    かもしれません。
     
    残念ながら、緊迫感、心理描写に
    おいてはるかに、オリジナルの方が
    完成度が高く、物足りなさを感じた。

     ジャック・ニコルソン、レオナルド・ディカプリオの演技は、
    見応え充分。 
     
     それに対し、マット・デイモン
    演じるマフィアから送り込まれた
    警官の心理的苦悩を
    描ききれていないのは、
    脚本が悪いのだろう。

    違反報告
  • rikoriko2255

    わたぼう

    3.0
    2007/1/19

    まではドキドキ感が続きます。
    最後のシーンが終わって。。
    外に出る人が「あのシーンは要らない」
    と言っているのが聞こえてきました。
    後半に向って、段々作るのが嫌になったのか時間が足りなかったのか。。と不安になる展開でした。
    でも、ほんと 最後の最後まで疾走感がありますよ。。だから評価が真ん中です。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告