あなたになら言える秘密のこと|MOVIE WALKER PRESS
MENU

あなたになら言える秘密のこと

2007年2月10日公開,114分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「死ぬまでにしたい10のこと」のイザベル・コヘット監督とサラ・ポーリーが、再び手を組んだ感動作。秘密を抱えた男女が出会い、少しずつ互いの心を開いていく愛の物語だ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

工場と家を往復し孤独に生きるハンナは、職場から1か月の休暇を取らされた。彼女は旅先で、油田の事故で失明した男の看護を志願。その男、ジョゼフと“相手の秘密を知りたければ、自分の秘密をひとつ話す”約束をする。

作品データ

原題
La Vida Secreta De Las Palabras
製作年
2005年
製作国
スペイン
配給
松竹
上映時間
114分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3
  • rikoriko2255

    たけ

    5.0
    2008/9/4

    この映画を見るにあたって、いくつか謎解きをすることになる。 ◆最初の事故の様子はいったい何? ◆ナレーションの女の子の声は誰? ◆工場で働く、感情表現のない若い女性、ハンナの正体は? 工場のボスからのアドバイスで、ハンナは1ヶ月の休暇をとることになり、旅に出かける。 旅先で、たまたま小耳にした「看護士が必要だ」という言葉に、ハンナは自分が看護士だと名乗り出、海に浮かぶ石油の掘削所で大やけどを負い一時的に視力を失っている男性ジョゼフの看護をすることになる。 初めは名前すら名乗らないハンナに、ジョゼフは興味を持ち、彼女に心を開いてもらうために、自分の事を色々と話す。そして、ついには自分の愚かな行いによって親友を死に追いやったことも打ち明ける。 そしてハンナが最後に打ち明けた恐ろしい過去の秘密…。 ふたりに共通することは、いきさつは大きく異なるが、親友を失ったこと。 あるいは、生き残ったことと、それを恥じること。 ふたりにあるのは、ただ傷ついた人間どうししか分け合えない感情だ。 掘削所で暮らす他の人々もそれぞれ味がある。 わざわざ孤独を選んでそこで暮らす、訳有りの人々。 深く味わえる作品。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    marimo

    4.0
    2007/2/23

    劇場に飾ってあったポスターに写った サラと、ティムの雰囲気に惹かれただけなので 前知識はゼロの状態で観ましたが、、 サラ演じるハンナの秘密の大きさと重さは 全く想像が出来なくって、とてつもないショックでした。 まさかこんな展開が待っているなんて予想だにできなかったです。 告白自体も凄かったけど、ラストを迎えてまた、涙しました。 幸せと呼ばれるものを掴んでも、サラの心には 埋められない穴が一生空いたまま・・。 心安らかな毎日を送れる日が来るんだろうか・・と。 ハッピー・エンドだけど、でも・・・。 考えれば考えるだけ、深みにはまる。 私にはそんな映画でした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ★ハイジ★

    1.0
    2007/2/18

    楽しむ事を忘れて、 毎日同じものを食べ、単純作業の仕事をし、人付き合いもせずに ただ時間が過ぎるだけの生活をしていた『ハンナ』 職場の工場内でも補聴器のスイッチを入れずにいて 呼び出しに気付かず、同僚に教えられて初めて気付いた程なのに 突然、1ヶ月の休暇をとれと言われて 本当に知らない土地に旅立つでしょうか? 百歩譲ってとりあえずバスに乗ったとして 知らない町の食堂で補聴器のスイッチを入れるでしょうか? その上、他人の話に首を突っ込む?? そのあたりの設定に無理が感じられて仕方がありませんでした>_<。 生きる事に意欲をなくした人 自分に興味を持てない人は 他人にも興味を持てません。 自ら他人と関わろうとなんて出来ません。 そんな事が出来たなら、 食堂で他人の会話に首を突っ込んだ時点で 彼女は変わっていたんです。 後は時間の問題 その後起こった事は付属に過ぎない 折角、訴えるべきテーマがあって撮った作品なら もっと心に傷を負った人の精神構造・行動などを調べて 無理の無い展開を作って欲しかったと思います 余談ですが 前売り券に不要な物を付けて価格を上げるのは止めて欲しい 差額をクロアチア難民支援に寄付するわけじゃないんでしょ?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告