パパにさよならできるまで:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
パパにさよならできるまで
パパにさよならできるまで

パパにさよならできるまで

2007年2月24日公開、114分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

父を亡くした少年が、豊かな想像力を働かせて悲しみを乗り越えてゆく姿を描く感動ドラマ。主演のヨルゴス・カラヤニスが史上最年少でロカルノ映画祭主演男優賞を受賞。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1969年、アテネ。10歳の少年イリアスは、父親と間近に迫るアポロ11号の月面着陸の中継を一緒に見ようと約束するが、父親は交通事故で亡くなってしまう。その事実を受け入れられない彼は、父親との再会を待ち続ける。

作品データ

原題
DISKOLI Apocheretismi: O Babas Mou
製作年
2002年
製作国
ギリシャ ドイツ
配給
シネカノン
上映時間
114分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0 /1件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?