情痴 アヴァンチュール:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
情痴 アヴァンチュール
情痴 アヴァンチュール

情痴 アヴァンチュール

2007年3月31日公開、107分、サスペンス・ミステリー
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

夢遊病に冒された女と、彼女に魅了された男との危険なアヴァンチュールを描いた心理ミステリー。トラウマに苦悩するガブリエル役には、リュディヴィーヌ・サニエ(「スイミング・プール」)、ガブリエルに魅せられるジュリアン役には、ニコラ・デュヴォシェル(「さよならS」)が扮している。監督は「加速する肉体」のグザヴィエ・ジャノリ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ジュリアン(ニコラ・デュヴォシェル)は恋人のセシルとパリのアパルトマンで同棲していた。ある日、仕事から帰ってきたジュリアンは、アパルトマンの入り口でガラス越しに彼を見つめる裸足の女性(リュディヴィーヌ・サニエ)に気づく。思わず彼女を追いかけるジュリアン。しかし彼女は夜の闇に消えてしまった。別の日の日中、ジュリアンはスーパーで子供を連れた彼女を見かけた。まるで別人のように美しい彼女の後をつけるジュリアン。彼女は彼の向かいのアパルトマンに恋人と住んでいるらしい。そしてジュリアンは、夜になるとフラフラ現れる彼女・ガブリエルが夢遊病患者であることを知る。近所同士の友人として次第に親しくなっていく二人。ガブリエルは次第にジュリアンの生活に介入するようになり、セシルは不快感を露にする。ある晩、ガブリエルとその恋人ルイ、そしてジュリアンとセシルの四人で会食した後、ガブリエルの不安定な感情が爆発した。ジュリアンは心に闇を抱えるガブリエルを救ってあげたいと思うようになる。実は既婚者であるルイから強制的にガブリエルを引き離し、精神科医の治療を受けさせるジュリアン。少しずつ彼に心を開き始めるガブリエル。しかし一方でジュリアンに不信感を募らせたセシルは別れ話を切り出した。4人の関係は今や一触即発の危ない空気をはらみ始めているのだった……。

作品データ

原題
Une Aventure
製作年
2005年
製作国
フランス ベルギー
配給
東芝エンタテインメント
上映時間
107分
製作会社
レクタングル・プロダクション
ジャンル
サスペンス・ミステリー

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?