ヘアスプレー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヘアスプレー

2007年10月20日公開,117分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • netflix

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ブロードウェイの人気ミュージカルを映画化。“ミス・ヘアスプレー”を目指す女性らが華やかな歌やダンスを披露する。主人公の母親を演じる女装したジョン・トラボルタに注目。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

16歳のトレーシーは、ダンスもファッションもセンス抜群だけれど、体型はかなり太め。そんな彼女が偶然、人気番組に出演するチャンスを得た。しかし、スリムなライバル母娘のわなにはまり、トラブルに巻き込まれる。

作品データ

原題
Hairspray
製作年
2007年
製作国
アメリカ
配給
ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間
117分

TM & [c]MVII New Line Productions, Inc. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    みるみる

    3.0
    2020/9/12

    黒人や外見に対する差別がテーマになっていますが、若い方達が軽い気持ちで観られるいい作品だと思います。
    トレイシーは無邪気で明るいし友人も気のイイ子。意地悪もされるけどパパもママも彼女の味方だし恋にも積極的。ラストにかけて盛り上がり素敵にハッピーエンド。
    ダンス、音楽、髪形やファッションも可愛らしくて懐かしいです。
    クイーン・ラティファのかっこいい事!堂々として役にピッタリはまってます。何故にジョン・トラボルタが女装までしてママ役なのか分かりませんでしたが、オリジナルやミュージカルも男性が扮していたからだそうです。「男女両方の気持ちが分かるの」と言う意味深なセリフがあったのでなんか裏があるのかと勘繰りましたが何もなかったです。
    とにかく明るいハッピーな作品ですが、綺麗にまとまり過ぎた感もあります。時代背景は1960年代ですがあれから何か変わったのでしょうか?重いテーマだからこそ気軽に見て欲しい作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ema

    4.0
    2009/1/23

    始めから終わりまで、歌とダンスで飽きさせない。

    アメリカ、ボルチモアの町を舞台に60年代のファッション、世相をさらりと楽しく時には皮肉もユーモアたっぷりに描いて愉しませてくれる。

    太めの少女を演じたニッキー・ブロンスキーは歌もダンスも良かった。何者?
    特殊メイクのトラボルタも面白い。
    父親役のクリストファー・ウォーケンも光っていた。

    華やかでテンポがよく一気に観てしまう。
    元はB級映画だったらしいが、ミュージカルになって大ヒットとなり今回のリメイクになったようだ。
    鑑賞後も楽しい気分になっている。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2008/11/24

    映画はミュージカル的な感じでした。
    おしゃれとダンスに夢中な女子高生トレーシーは、人気テレビ番組「コーニー・コリンズ・ショー」のダンサーになることが夢。
    ある日ダンサーに空きが出て、オーデションに行くのですが.............。
    容姿や環境に恵まれた特別な人間だけが許されるもの!?そして黒人もダメ!?そんなことを見ごと打ち破ってくれるサクセスストーリーです。
    トレーシーはおチビさんでおデブさん、でもあの身体でよくあんなに踊れるな~と思うぐらいすごかったです。
    白人なのに、黒人に混じっても引けを取らす、黒人とも仲良くなり、ついには偏見を持つ人たちをギャフンと言わせてしまいます。
    トレーシーのお母さんもすごかったです。お父さんもお母さん一筋でキューンとしました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    keicyacom

    5.0
    2007/11/16

    最高に楽しめるミュージカル! 楽しい気分になりたいときに見る映画です。でも、肥満は大敵、病気の元にもなります。ちょっとだけダイエットしようね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    みわ

    5.0
    2007/11/14

    久しぶりに、オープニングからワクワクするミュージカルです。
    『GOOD MORNING BALTIMORE』で、すっかり引き込まれました。
    主役のトレイシーは、ものすごくポジティブで素敵!
    その娘に引きずり出されるように変わっていく母親のジョン・トラボルタ演じるエドナは
    どんどん可愛く思えていくから不思議!!
    エドナとウィルバーの歌う『TIMELESS TO ME』は、おばさんにも愛と勇気を与えてくれました^^
    ミシェル・ファイファーも、ぴったりはまり役!!
    ザック・エフロンも、めっちゃ可愛い~!

    見終わって、拍手したくなるエンターテイメントでした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ted

    5.0
    2007/10/31

    オープニングから、涙が溢れるほど素晴らしいニッキー・ブロンスキー(主演のおデブちゃん)の歌と愛くるしい表情!

    太っちょの女の子が憧れの歌番組に出演するという単なる“アメリカンドリーム”の映画ではありません。

    人種差別問題や外見による偏見など、ともすれば重くなりそうなテーマもミュージカルという手法で楽しくテンポ良く表現しています。

    また、ブラックパワーも圧倒的で、黒人ならではのリズムや声質なんかも絶妙に活かしたキャスティングです。

    そして、往年のミュージカル映画のカリスマ→ジョン・トラボルタのキレのあるダンス!(特殊メイクもなんのその)。

    しかし、この映画の一番の“売り”は、ニッキー・ブロンスキーの“前向きな笑顔”これに尽きます。

    今年観た映画の中でのベスト10に入ること間違いなしで、“楽しいジャンル”では“一位”です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ★ハイジ★

    4.0
    2007/10/29

    際立った技術で魅せるダンスムービーではありません
    でも観ているうちに自然に笑顔になって体が揺れてきちゃうような(笑)下手でも何でもいいから一緒に踊りたくなる楽しいミュージカルです*^-^*

    最初はトラボルタの巨大ママに目が行ってしまったのですが、途中から彼女がトラボルタかどうかなんてどうでもよくなっちゃうくらいにママが愛らしい*^o^*

    そして大好きなクィーン・ラティファの迫力の歌声♪
    ブラボー!!!!素晴らしい♪

    人種差別問題にも言及した作品ですが、人種差別と太りすぎの人をいっしょくたにするのはいかがなものか・・・?

    太ってるのが厭なら痩せる努力をすればいいし、努力する気がないなら、私はこれでいいの!と開き直るしかない。
    でも人種は、人の努力で変わるものではないし、変える必要もない。それぞれが自分のルーツに誇りを持ち、それを認め合える社会になるといいのに...と思います。

    その点、主人公トレーシーは底抜けに明るくて自分の体型を恥じている様子は全くない!...そして感受性が豊かでとっても素直。
    それにその動きの軽やかなこと!! ちっちゃくてコロコロしててとっても可愛い*^▽^*

    トラボルタが、肉襦袢を付けて、ヒールを履いて軽やかに見せるダンスが大変だったと言っていますが、本物の肉を身にまとっているトレーシーの軽やかさには吃驚です(@_@)

    でも、ひざに負担がかかるからダイエットした方がいいですよ(^^;)



    違反報告
  • rikoriko2255

    toku69

    5.0
    2007/10/27

    自然と微笑んでしまいました。
    しかも、踊りたくもなっちゃったり(笑)

    普段だと、あまり興味の無いジャンルなのですが、
    観終わった後「観てよかった」と思えます。

    トレーシーの、どこまでも一途で真っ直ぐな姿に、
    自分の投げやりになりやすい性格が、ちょっと恥ずかしくなったり…。

    ママ役のトラボルタ。彼がやる必要性は?と思ってましたが、
    彼でよかったと思います。
    ミシェル・ファイファーも憎みきれないヒール役でした。

    デモのシーンでは、歌声に涙が出そうでした。
    人種差別の辛い内容もあったりしますが、
    ホントに、どこまでも爽やかでステキな映画に仕上がっています。

    ぜひ、観てほしい作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    かわうそ

    4.0
    2007/10/25

    とにかく、音楽がいい映画です。

    ミュージカル映画なので、街で踊ったり、歌ったりして違和感があるはずなんですが、何故か全く気にならないくらい音楽、歌、ダンスが爽快です。

    ストーリーも一応、人種差別を無くそうというテーマを入れつつ、才能あるトレーシーが気持ち好くドンドン駆け上がるサクセスストーリーが見るものを幸せにさせます。

    トレーシーの母親を「バトルフィールドアース」のジョントラボルタが作り物と分らないくらいの特殊メイクでの熱演、父親を「スリーピーホロウ」の殺人鬼、クリストファーウォーケンが好演。

    2時間ボーッツと幸せで楽しい気分にさせる非常にオススメの映画でした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    みお

    4.0
    2007/10/10

    冒頭から、ものすっごいテンション!
    疲れも吹っ飛ぶ のか いきなり疲れる のかは、見るこっち側の状態によるかも。
    でも、こんな逸材がアメリカには隠れているもんだ・・と感歎に値するニッキー。
    とにかく、歌って踊ってます。

    逸材といえば、そりゃ、ジョン・トラボルタ。単に歌って踊る映画となれば、彼が出てくる?と思いきや、よっくもこの役引き受けてくれた!っと。もちろん、いい意味で。クリストファー・ウォーケンとのデュエットなんて、見とれる??
    「男の気持ちもわかるの」なんて名訳も、笑いのつぼです。

    でも、ただ楽しいだけじゃない。アメリカに根ざす重い人種問題も踏まえて作られている。トレーシーの人柄そのまま、明るく前向きなのに、インパクトは逆に強い。
    時代の変化が、わかりやすく描かれている。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    わたぼう

    4.0
    2007/10/4

    ミュージカルはどちらかというと苦手なので、辛いか思っていましたが。
    あのダンスは圧巻。
    主役のイメージの女の子を探すのがかなり難しかったというだけあって、可愛いぽっちゃりさんは幸せな夢を与えてくれます。
    そして。。
    ジョン・トラヴォルタの母の姿にはもう唖然!
    でも、あのスタイルでガツンと踊れる所がやっぱりジョン・トラヴォルタだな~と思いました。
    前半ちょっと入りにくいですが、後半は引き込まれますよ!是非!

    違反報告