再会の街で|MOVIE WALKER PRESS
MENU

再会の街で

2007年12月22日公開,124分
  • 上映館を探す

「もしも昨日が選べたら」のアダム・サンドラー、「ホテル・ルワンダ」のドン・チードル共演の感動作。9.11で家族を失った男が、大学時代の友人との交流で再生する姿を描く。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

NY。仕事や家族に恵まれ、幸せに暮らす歯科医のアランは、大学時代のルームメイト、チャーリーと再会する。9.11で妻子を亡くし、殻に閉じこもった生活を送るチャーリーが心配なアランは、彼を社会復帰させようとする。

作品データ

原題
Reign Over Me
製作年
2007年
製作国
アメリカ
配給
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間
124分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.3
  • ひゃん

    4
    2013/5/11

    髪の毛のあるA・サンドラーを観たのっていつ以来だろう?^^;
    …なんて考えながらスクリーンを見つめていた私。
    コメディアン出身ながら、俳優としても独自の路線を歩み続け、
    日本でのブレイクは今一歩…?^^;ながらも好きな男優の一人。
    今回は題材が題材だけに…どうだろうと思っていたけれど。。

    いや~素晴らしかったです!
    9・11の同時多発テロで妻子を失い、計り知れない喪失を抱え、
    ギリギリの精神状態で現世と虚構界を生きる男、チャーリー。
    自室でゲームをしている時くらいしか笑顔はなく、旧友アラン
    (D・チードル)を部屋にあげてからも、奇行ばかりが目立つ彼。
    その行動の裏に、彼が抱えていた哀しみとは。。。

    割と唐突に物語が始まり、けっこう笑えるシーンが多いので、
    最初のうちチャーリーが機能不全な男のように見えて仕方なく、
    とても涙が出そうな内容とは思えないのですが、、、やがて、
    彼が本当の気持ち(抱えているトラウマ)を語りはじめてから。。
    彼の奇行が、なんという優しさからの行動だったのかを改めて
    知り、そこからは彼の笑顔を見る度、哀しくてたまらなかった。

    大好きな家族をある日突然奪われてしまった…。
    最後に交わした言葉が、どうしてあんな喧嘩台詞だったのか。
    後悔しても、どんなに懺悔しても、帰ってきてはくれない。
    抱えきれないほどの哀しみを味わった人間の喪失感を、誰が
    理解出来るというんだろう…。なにがセラピーだ!と思う。

    この作品のすごいところは、アランとチャーリーの立場が、
    物語の中盤を境に逆転するところにありますね。一見なんの
    障害もなさそうに見えるアランの人生が、哀しみの果てに
    好き勝手しているとしか映らないチャーリーの人生を羨み、
    真にセラピストが必要だったのは、ホントはアナタだったの
    でしょう?と、我々にも理解させてくれるのです。
    彼に付きまとい、可笑しな行動に出る患者役(すごい美人!)
    が、チャーリーを見てすぐに「なぜみんな、彼の哀しみに
    気付かないの?あんなにボロボロなのに…。」と理解を示す
    シーン。。。とても印象的でした。同じ(ではないけれど)
    哀しみを味わった人間には、理解できる部分があるのかも。。

    別に、傷を舐め合え。とは言わないけれど、
    心を通わせる人間同士が寄り添ったっていいじゃないかと、
    そんな風に思わせるラストも印象的。少しずつでいいから、
    前を向いて、自分の人生を謳歌する喜びを知って欲しいな。

    不思議な作品でしたけど、じんわりと心に残りました。

    (サンドラーは髪の毛ある方がイイぞ♪チードルは現状維持で^^;)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • freeman

    4
    2009/12/3

    こんなアダムは初めて観ました。
    アダムの作品は、「もしも~」や「ベットタイムストーリー」などいろいろ観てきましたが、こんなシリアスな役柄は初めてですね。
    私的にはかなりおススメですな。
    みなさんどうぞ!!!!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • カモミール

    4
    2009/6/21

    家族を失ってひきこもりになったチャーリーは
    薄暗い部屋でずっと↑というゲームをやっているんです。
    そのシーンを見て、
    初めて「ワンダと巨像」というゲームの存在も名前も知ったのですが
    このゲーム、冒頭から少女の遺骸を抱えた主人公が登場して
    この少女を生き返らせるために16対の巨像を倒していく
    というストーリーなんですね。
    このゲーム自体も切ない物語なんですが、
    「ワンダと巨像」という小道具が持つ性格を知って
    今さらながら切なくなって、レヴュー書こうと思いました。

    チャーリーの言動は不可解で不愉快に感じることが多いけど
    また観返したいです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告