ゲゲゲの鬼太郎|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ゲゲゲの鬼太郎

2007年4月28日公開,103分
  • 上映館を探す

水木しげるの同名マンガが満を持して実写化。鬼太郎にウエンツ瑛士、ねずみ男に大泉洋、猫娘に田中麗奈、子なき爺に間寛平ら、個性豊かな俳優陣が集結したSFアクション。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ゲゲゲの森で仲間と暮らす鬼太郎のもとに、実花と健太の姉弟から手紙が届く。偶然手に入れた妖怪石を狙い、不気味な妖怪たちに襲われているという彼らを助けた鬼太郎。それがきっかけで、彼は妖怪裁判にかけられる。

作品データ

製作年
2007年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
103分

[c]2007ゲゲゲの鬼太郎フィルムパートナーズ [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.2
  • takecy

    2
    2008/10/15

    大人の悪ふざけで作った映画。
    それも悪い意味で。
    たくさんの俳優が出ているのでそれを見る分には楽しめる。
    それくらい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ドラエモン

    3
    2007/12/1

    この映画は、なんと言っても、配役が面白い。鬼太郎:ウェンツ瑛士、猫娘:田中麗奈、ねずみ男:大泉洋、砂かけ婆:室井滋、こなき爺:間寛平等面白い役者陣で固めている。実写とCGの合成も素晴らしくリアルであり、目玉おやじとのシーンは、感動ものです。さすがに、本木監督ならではの演出です。アニメの「ゲゲゲの鬼太郎」の雰囲気を踏襲した構成で、違和感無く観賞できる。西田敏行、竹中直人、井上真央、柳沢慎吾(声のみ)の出演も内容を盛り上げていますね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ゴゴティー

    3
    2007/11/2

    ウエンツ瑛士は面白くて好きなんだけど、この映画はちょっと、全体によそいき、というか、緊張してるように見えました。(それを棒読みというのかな)鬼太郎って、あんな杓子定規な感じのキャラなの?ちょっと違う気がします。

    それから、「ねずみ男」は誰だろうと思いました。ずっと気になる存在。インパクトありました。少なめの客席(公開最後の方だったので)で、彼の出番は、ざわめき(思わず皆笑っている)がいつも起こったと思います。(見てからかなり経ったので…)大泉洋だったとは。
    それから、田中麗奈(「鳳凰」の舞台挨拶のゲストで初めてちゃんと知ったのですが。以前はただのきれいな女優さんくらいにしか思っていなかったんですが、中国語堪能で、すごくまじめに映画にとりくむ姿勢が格好よかったです)
    の猫娘もやはり、客席で「ほーっ」みたいな空気がありました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告