しゃべれども しゃべれども|MOVIE WALKER PRESS
MENU

しゃべれども しゃべれども

2007年5月26日公開,109分
  • 上映館を探す

佐藤多佳子の同名人気小説を、「愛を乞うひと」の平山秀幸監督が映画化した、笑いと涙のヒューマン・ドラマ。TOKIOの国分太一が、仕事と恋に悩みを抱える若き噺家を好演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

仕事で壁にぶつかっている、落語家の今昔亭三つ葉。そんな彼に落語と“話し方”を習いたいと、無愛想な美人、勝気な少年、毒舌の元プロ野球選手の3人が集まってきた。彼らは会うたびに言い争い、三つ葉を困惑させる。

作品データ

製作年
2007年
製作国
日本
配給
アスミック・エース
上映時間
109分

[c]2007「しゃべれども しゃべれども」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.8
  • rikoriko2255

    矢口渡

    3.0
    2013/11/27

    好きな事が仕事の人は、どんな苦労も前向きに捉えられるだろう。だが、多くの人は好きな道に打ち込むより、食べるために、好きでもない仕事につき人生を送る。それでも仕事の中に喜びを探したり、趣味に走ったり、要は自分を誤魔化しながら生きている。 落語家という、古い仕事がテーマ。価値観を押し付けるのでなく、淡々と描いていく。テンポも緩やかで心地よい。 国分太一の演技は、うまくないが落語は勉強した?だけどミソの火焔太皷の違いはよくわからない。アクションが大きくなったってことかしら。香里奈は、笑わない演技は楽な演技だが、綺麗だから許そう。森永悠希、松重剛は、いい。 しみじみしました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    ted

    3.0
    2007/6/29

    MovieWalkerの見てよかった!で上位をとっているのでどんなのかなぁと観にいきましたが・・・。 正直、物足りないです。 いい映画とは思いますが、落語の掘り下げかたもぬるいし、恋愛の掘り下げもぬるいし、作品的に何をどうやりたかったのでしょうか? この作品の良さをわからない自分が悪いのかなぁ・・・? と思ってしまうくらい、一言で片付けられる映画ではないことは確かなんですが・・・。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    red

    5.0
    2007/5/31

    日常的に眼に映る「映像」は、悲惨・残酷・卑劣な話題、そうでなければ中味のないバカ騒ぎ・おせっかいな説明文字…。 そういうことに毒されていると、ホトホト嫌気が差してきます。 しかし、この映画で映し出される「映像」は、自分が居る場所をしっかり掴まえたいと願い、ガンバッテいる人達を真摯に描いてます。 別に道徳的でもおしつけでもなく、自然にその風景が映し出されているのです。 何より、演じる役者さん達の芝居は、本当にさすが!!です。 国分さんのちゃんとした演技は初めて観たのですが、びっくり!!!しました。 前評判に違わずしっかりとした落語を聞かせてくれ、感動すら覚えました。 私も寄席で「三つ葉」の色々な落語を是非是非!聞きたい!! それが叶わないのが非常に口惜しい!! 勿論、八千草薫さん、伊藤四郎さんは言わずもがなの存在感を出しています。 そして、その周りにいる師匠の奥さんや近所の人達がとても良くて、きちんと風景を成立させています。 取り立てて大きなひねりやうねりはない話です。でもだからこそ、良いと実感させてくれます。 スクリーンの中なのに、生の舞台のようなぬくもりを感じさせてくれ、久々に皆に観て欲しいと思える映画でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    みわ

    4.0
    2007/5/22

    粘着質じゃないストーリー展開がいい。 最初から、クスリと笑わされて、 一気に好意的に見るようになりました。 国分太一の、火焔太鼓。通しで聞きたいなぁ~。 一席終わったときに、映画の中の観客と一緒に、拍手をおくりたくなりました。 村林役の子役の森永悠希。凄く良かったです。元湯河原。。。否、元野球選手の湯河原(松重豊)との掛け合いは、絶品です。 ものすごい感動や、ものすごく泣けるとか、そんな映画ではないけれど 観て良かったな(o^^o)ふふっ♪。。。っと 思える映画です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告