ジェシー・ジェームズの暗殺|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ジェシー・ジェームズの暗殺

2008年1月12日公開,160分
PG-12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

実在したカリスマ的ギャングと、彼を殺した若者の心理に迫った人気小説の映画化。原作にほれたブラッド・ピットが製作・主演を兼ね、ベネチア国際映画祭主演男優賞を受賞。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

西部開拓時代の1881年。実業家や銀行を襲って全米に名を馳せた無法者ジェシーは、懸賞金目当てのガンマンたちに追われていた。彼らと戦いながら強盗を続けるジェシーだったが、信頼する仲間から思わぬ裏切りに遭う。

作品データ

原題
The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford
映倫区分
PG-12
製作年
2007年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー
上映時間
160分

[c]2008 Warner Bros. Entertainment Inc. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    keicyacom

    4.0
    2008/1/30

    悪事を働くには、仲間がいり、仲間がいれば、裏切りも起きる。人を裏切って平気な人もいるが、悔いを残して、自ら命を絶つ人もいる。悪事に憧れ、賞賛を浴びたくても、思い通りにはならない。

    実在のガンマンの物語というよりは、人の欲はどういうものか、嘘や裏切りとはどういうものなのかを、突き詰めて考えるような人には、お勧めの映画です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    レインボーパパ

    4.0
    2008/1/18

     ジェシー・ジェイムズとロバート・フォード、仲間とはいえ、心を許しあっているわけではない。裏切りとそれに対する報復の中でお互いが信じられない二人。
     序盤は、ロバートが何とかジェシーの仲間に加えてもらえるよう自らを売り込むところから始まりますが、結末の暗殺に向かって重い心理劇へと展開していきます。
     
     なぜ、ジェシーは殺させると分かっていて、銃を手放し後ろを向いたのか、追われる生活に疲れたものの、逮捕されることを嫌ったのか。いずれにしてもアウトローの末路は哀れなものにならざるを得ないのかもしれません。
     ジェシーをころしたロバートもまた然り。

     途中にはいる解説が余計だと思う人もいるでしょうが、ジェシー・ジェームズをよく知らない私には展開の参考となりました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告