ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE

2008年1月12日公開,99分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』のうすた京介によるコミックを実写映画化した青春コメディ。出演は「UDON」の要潤、『花より男子』の大村学、「クワイエットルームにようこそ」の高橋真唯、お笑いコンビおぎやはぎの小木博明ほか。「プレイボール」のマッコイ斉藤が監督した。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

高校卒業を間近にひかえた酒留清彦(大村学)は、進学も就職も蹴ってミュージシャンになる決心をする。ギター1本でオーディションに参加した清彦は、数々のバンドが集まる会場で、たてぶえを持ったひとりの男が暴れているのを目撃する。これが清彦とジャガージュン市(要潤)の初めての出会いであった…。オーディションの結果、清彦はある芸能人養成所に籍を置くことになる。清彦がやる気になったのも束の間、養成所の職員・三太夫セガール(なぎら健壱)に連れられて来たのは“ふえ科”だった。当然ギター科に入ったと思っていた清彦は驚愕。だが契約書をよく見ると、「ふえ科入学希望」という小さな文字がそこにあった。そして、教室ではオーディションのあの男、ジャガージュン市が待ち構えていた。半ば詐欺に近いやり方でふえ科に入学させられた清彦は、ジャガーに“ピヨ彦”と名付けられる。ピヨ彦は、謎のヒップホップ忍者・ハマーと呼ばれる浜渡浩満(小木博明)やアイドル志望の女の子・白川高菜(高橋真唯)という個性的な人間と出会い、いつしかふえ科に馴染んでいく。しかし間もなく、養成所の赤字の原因となっているふえ科が廃止になる、と三太夫セガールから通告される。ふえ科の未払い授業料数千万円を納めれば存続させることができるようだが、ジャガー以外の3人はそれほどふえにこだわりはなかった。しかし、セガールが「ふえ科のメンバーは音楽業界で生きていけなくする」と言っている。思案に暮れていたそんな時、世界中で注目されている珍笛が日本に上陸。かくしてふえ科の4人は、お金を工面しようとその高価な笛を奪う計画を立てるのだった……。

作品データ

製作年
2008年
製作国
日本
配給
ハピネット
上映時間
99分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?