パラノイドパーク|MOVIE WALKER PRESS
MENU

パラノイドパーク

2008年4月12日公開,85分
PG-12
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ラストデイズ」のガス・バン・サント監督による青春ドラマ。ひょんなことから“罪”を犯してしまった多感な少年の思いを、繊細な映像と音楽によってつむぎ出す。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

16歳の少年アレックスが、スケートボードに興じる若者たちが集まる公園に通うようになる。そんなある夜、遊び心で列車に乗った彼は、誤って警備員を殺害してしまい、苦しみの日々を送ることに。

作品データ

原題
Paranoid Park
映倫区分
PG-12
製作年
2007年
製作国
アメリカ フランス
配給
東京テアトル=ピックス
上映時間
85分

[c]2007 mk2 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • rikoriko2255

    たけ

    4.0
    2008/5/1

    うっかり人を死に至らしめてしまった少年の心模様を、秀逸な映像と音楽で織り成している映画である。

    映画には、それ自体で完結しているものと、そこから始まるものと、2種類あると思う。この映画は後者である。

    だから、この映画の評価は二分するに違いない。エンドロールが始まるときに、「物足りない、この後が知りたいのに」
    と、嘆く方も少なくないだろう。

    でもこれは、ここ(映画の終り)から始まる映画なのだ。

    究極の状況で人間は、
    どうでもいいことを捨て、身の回りにあってなおこれまで気づかなかった本当に大切な物に気づく、ということを、この映画は教えてくれる。

    良い映画、でも万人にはお薦めしない。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    nakatadairake

    4.0
    2008/4/27

    ちょっとした好奇心から人を殺めてしまった16歳の普通の少年(両親は離婚寸前の状態ではあるものの、本人は特に素行に問題があるわけでもない)の心の襞のようなものを、少年の独白と印象的な映像で描く秀作。

    オーディションで選ばれたという主人公役の少年の横顔が、時々はっとするくらい美しいのが印象的。
    スローモーションで描かれるスケート・ボーディングのシーンは音楽とあいまってすごく気持ちがいい。

    物語はミステリー風に始まるが、結論は観ているものに委ねられる。

    ぼくの拙い文章ではこの映画のよさを充分に伝えることが出来ないのが申し訳ないような作品。機会があれば一度観られることをおすすめします。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2008/4/27

    スケボー仲間が集うパラノイドパーク。
    格好良いベテラン達の世界に触れ危険に遊びに参加した結果、秘密を持つことに。
    心の葛藤や父子、母子関係の変化、揺れる彼を凄く美しく写しています。

    彼が起きたことを前後しながら回想するので、ストーリー性よりも視覚に訴える感じが強いかな。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告