ミスト|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ミスト

2008年5月10日公開,125分
R-15
  • 上映館を探す

「グリーンマイル」のフランク・ダラボン監督が、スティーブン・キングの小説「霧」を映画化。霧の中に潜む謎の生物に追いつめられる人々が極限のパニック状態に陥る様を描く。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

メイン州西部の町を嵐が襲った翌日、深い霧が発生し、町中を覆ってしまう。しかもその霧の中には、正体不明の謎の生物が潜んでいた。スーパーマーケットの店内に避難した住民たちは、決死の脱出を試みようとする。

作品データ

原題
The Mist
映倫区分
R-15
製作年
2007年
製作国
アメリカ
配給
ブロードメディア・スタジオ
上映時間
125分

[c]2007 The Weinstein Company [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

2.6
  • rikoriko2255

    ミチさん

    3.0
    2009/4/11

    確かにおぞましい結末ですが、それなりにうまく作っています。しかし、これもアメリカなのでしょうか。むしろ日本だったら、十中八九こういう展開になると思います。滅びの美学がありますから。アメリカなのが、不思議です。彼らは徹底的に戦う”生き物”と見ていました。 あと、戦争には勝者はない。例えそれが異次元世界との戦いでも、ということでしょうか。それと情報の隔絶はかくも個人の孤立を招くのか、ということですね。皆さん、インターネットを通して、例え世界が終わろうとも、最後の日まで孤立しないでいきましょうね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    1013

    4.0
    2008/9/1

    「霧の中に潜む何か」の恐怖から身を守る人々。 また、異物が襲ってくる物語か、と思って公開時、劇場に足を運びませんでした。 しかし、みてみたところ、これがものすごく見応えのある物語。 映像的な見応えはあまりないですが、集団心理の恐怖が味わえます。 ちょっと中途半端なドキュメンタリー風な撮影法だけど、怖さを体現できます! 巧みな脚本のおかげでしょうか。 「明かり消せよ」とかつっこみ入れたくなる箇所もありますが、その出来事もリーダー不在の混乱の中での出来事。 辻褄はあってるかも。 襲ってくる物以上に「人」の恐怖が行動にどう影響していくのか、重く心にのしかかる映画です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2008/5/21

    スティーブン・キング原作ってことで 期待して映画館に行きました。 うん…大丈夫! 期待は裏切られませんでしたね。 でも、この作品は観る角度を 間違わないようにしないといけないですね。 あくまで、恐怖に包まれ、恐怖に追い込まれ 闇に放り込まれた人間の心理描写を描いている作品であって ミスト(霧)の中のモノは何なのかとか どうやって回避するのかとか なぜそうなったのかとかを 主点にしている作品ではないんですよね。 また、普通の作品ならそのような場合の人間は 最初は意見が違っても最終的には力を合わせて みんなで協力して回避していこうとするでしょうが この作品ではそうはいきません。 神への信仰のみに執着したり 自分しか信じなくなったり 暴力的になったり・・・ これが本当の人間の姿かもしれません。 ラストもショッキングでした・・・ 本当に恐ろしいのは 霧の中のモノではなく 霧の外の人間なんですね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    みわ

    2.0
    2008/5/14

    。。。。って、願ったのに。。。 不安、恐怖、苛立ち。。。 極限応対の人間描写にはとても興味があります。 ですから、戦闘シーンという意味でなく戦争映画は好きです。 極限状態というには、緊迫感があまり伝わってきませんでした。 正体不明の敵。。。のはずが、あっという間にその片鱗が見え 想像がたやすかったです。 衝撃のエンディング。。。う~ん。。。 あそこまで頑張ったのだから、 もう少しぎりぎりまで頑張ってもよかったのでは?! 頑張った人が報われないのは 少々わだかまりが残ります。 災難にあったときは、何もするなということ?? と。。。思ってしまいます。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    2.0
    2008/4/23

    激しい嵐が街を襲った翌日、湖の向こう岸に不穏な霧が発生していた。 その霧の向こうにはいろんな化け物がいて、時折ドキッとさせられた。 みんながパニくってる時に、宗教のおばちゃんは、余計なこと言うなよ余計なことするなよってな感じ!? おじいちゃんとおばあちゃんが、化け物に立ち向かうところは、案外度胸があって強いじゃんって(@_@) 結末は主人公のショッキングな決断で、悲しいものに―――ィ. あれは立ち直れないよ~ぅ(;一_一)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告