休暇|MOVIE WALKER PRESS
MENU

休暇

2008年6月7日公開,115分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

小林薫、西島秀俊ら実力派俳優が顔を揃えた人間ドラマ。死刑囚の体を支えて刑の執行を補佐する“支え役”を務めることになった刑務官の葛藤と、周囲の人々の姿をつづる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

子連れの女性と結婚したが、有給休暇を使い切ってしまい新婚旅行にも行けない、刑務所看守の平井。そんな折り、彼は絞首刑を執行された死刑囚の体を押さえる“支え役”を務めれば7日間の休暇が与えられることを知る。

キャスト

小林薫

ヒライトオル

西島秀俊

カネダシンイチ

大塚寧々

ミカ

大杉漣

ミシマタツロウ

柏原収史

オオツカケイタ

菅田俊

サカモトトミオ

利重剛

イケウチダイスケ

谷本一

フルキタイゾウ

宇都秀星

タツヤ

今宿麻美

カネダクミ

滝沢涼子

ミナミマサコ

榊英雄

キョウカイシ

りりィ

ミサコ

大谷俊平

フジモトサトル

村上連

カメヤマキョウジ

高杉心悟

タカハシゴロウ

坂本敏夫

コウチショチョウ・カタヤマ

金澤太朗

ケイムカン・キムラ

浅田圭一

ケイムカン・ミズタニ

加藤祐司

ケイムカン・ササノ

伊藤文康

ケイムカン・トミザワ

足立喜之

ケンジ

酒井康宜

ケンサツジムカン

内田量子

シノハラカズミ

青柳里香

ナカザトリナ

永井大介

メンカイノカカリイン

木田尊大

ヒロウエンノキュウジ

栗田正寛

ベンゴシ・タカギ

望月勝広

イムカン・スギヤ

小宮山絢子

エリ

田中瑛祐

ショウタ

大和洋

コウヨウシャノウンテンシュ

樋口勇

ホウムダイジン

笠井雅人

ジムカン

雨宮章太

ジュケイシャエー

川上元気

ジュケイシャビー

塩島幸雄

ケイムカン

田中透

ケイムカン

内藤政雄

ゲンソウノロウジンオトコ

内藤きみ子

ゲンソウノロウジンオンナ

平井美保

ケッコンシキジョウノスタッフ

阿部由佳

ケッコンシキジョウノキャク

林大祐

ケッコンシキジョウノキャク

石川正太

ケッコンシキジョウノキャク

岩澤けい子

ケッコンシキジョウノキャク

河西初子

ケッコンシキジョウノキャク

相良文武

ケッコンシキジョウノキャク

高山由美子

ケッコンシキジョウノキャク

平井詩子

ケッコンシキジョウノキャク

金丸忠友

ヒロウエンノキュウジ

星野晃子

ヒロウエンノキュウジ

小池加織

ヒロウエンノキャク

石川竜

ヒロウエンノキャク

伊藤亜希

ヒロウエンノキャク

竹田知

ヒロウエンノキャク

平塚美保子

ヒロウエンノキャク

真中眞佳

ヒロウエンノキャク

赤池佑季子

デンシャノジョウキャク

菅原佐季子

デンシャノジョウキャク

深澤身依子

デンシャノジョウキャク

森下奈美

デンシャノジョウキャク

山田真由美

デンシャノジョウキャク

吉永ゆかり

デンシャノジョウキャク

渡辺勝栄

デンシャノジョウキャク

高山徹

デンシャノジョウキャク

中山聖也

デンシャノジョウキャク

木之瀬律子

メンカイキャク

佐藤美紀

メンカイキャク

佐藤秀一

メンカイキャク

石川於子

オンセンガイノリョコウキャク

鈴木りつ子

オンセンガイノリョコウキャク

土屋美津江

オンセンガイノリョコウキャク

永井幸子

オンセンガイノリョコウキャク

松下利夫

オンセンガイノリョコウキャク

松下とよ子

オンセンガイノリョコウキャク

依田孝治

オンセンガイノリョコウキャク

塩谷正裕

ホウムショウノショクイン

五味薫

ホウムショウノショクイン

塩沢正由

ホウムショウノショクイン

竹丘守

ホウムショウノショクイン

中村誠

ホウムショウノショクイン

平出誠

ホウムショウノショクイン

小池政子

ミヤゲモノヤノテンイン

沢登雄太

ミヤゲモノヤノテンイン

長坂実和子

ミヤゲモノヤノテンイン

市川香織

ミヤゲモノヤノテンイン

芦沢薫

ミヤゲモノヤノテンイン

尾澤理恵

ミヤゲモノヤノテンイン

深澤弘樹

ミヤゲモノヤノテンイン

中島そよか

ミヤゲモノヤノテンイン

原香緒里

ミヤゲモノヤノテンイン

中込真理子

ミヤゲモノヤノテンイン

三澤真理

ミヤゲモノヤノテンイン

村松暁

ミヤゲモノヤノテンイン

井上博一

ミチオ

有福正志

タケシ

大塚良重

ヨシコ

大方斐紗子

ロウバ

スタッフ

門井肇

監督

小池和洋

製作

野口英一

製作

赤間俊秀

プロデューサー

吉村昭

原作

佐向大

脚本

沖村志宏

撮影

橋本千春

美術

金子尚樹

編集

延近輝之

音楽、作曲、編曲、演奏

鳥越正夫

照明

沼田和夫

録音

高橋雄弥

助監督

足立喜之

製作顧問

渡辺基

音響効果

矢内貴恵

スタイリスト

富田貴代

メイク

桑原周平

監督助手

洲鎌雅和

監督助手

内田さとみ

演出応援

松井千佳

演出応援

下田麻実

撮影助手

江口裕祐

撮影助手

関口賢

照明助手

高橋一平

照明助手

石川裕士

照明応援

植田力哉

照明応援

廣木邦人

録音助手

宮村猛司

録音応援

清野英樹

本編

目見田健

編集助手

川上ゆき

編集助手

板倉直美

編集助手

山田泰裕

スタイリスト応援

安倍翠

メイク助手

屋成美波

メイク助手

添田英花

記録

塩田仁

美術制作

奥津徹夫

大道具デザイン

菊池俊輔

セット付

坂本敏夫

技術顧問

内藤澄江

着付

砂川啓介

劇中画制作

山田知加子

劇中画制作

廣田孝

アシスタント・プロデューサー

入交祥子

制作進行

本田有紀

制作進行

長澤綾

制作進行

小池政子

制作経理

猪野温子

制作応援

坂口真理子

制作応援

小池加織

ケータリング

橋本実希

ケータリング

板橋登志行

車両

望月勝広

車両

望月博詞

車両

袴田明男

車両

渡邊皐

リサーチャー

篠原大成

ロケーション・コーディネーター

新藤聖毅

ラボ・コーディネーター

清水禎ニ

タイミング

佐野謙ニ

光学リレコ

高坂隆

整音助手

道川昭

タイトル

鹿島邦裕

スコアミキサー

荻野弘樹

劇中テレビ映像制作

深澤賢吾

劇中テレビ映像制作

徳良智子

劇中テレビ映像制作

坂田和久

劇中テレビ映像制作

山田歩

劇中テレビ映像制作

森脇正人

宣伝統括

登坂隆之

アートディレクター

木塚文

デザイナー

豊原妙美

デザイナー

神山明

パブリシティ

小倉聖子

パブリシティ

楠瀬かおり

制作宣伝

茂木一樹

スチール

佐藤龍生

メイキング

中村一政

協力

大木秀一郎

協力

木村和代

協力

山崎美緒

協力

佐藤幸彦

協力

星雅浩

協力

星里奈

協力

小池満男

特別協力

吉田侑

企画協力

岩本光弘

企画協力

作品データ

製作年
2007年
製作国
日本
配給
リトルバード
上映時間
115分

[c]2007 「休暇」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • rikoriko2255

    ふく

    3.0
    2008/8/19

    近隣での上映が本日(8/19)より始まりましたので・・・行って参りました。 死刑執行問題で色々問われる昨今、刑務官という常に囚人と接し、死刑囚の「刑を執行する」方々のお話です。 色んな面でとても考えさせられました・・・。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    McCOY

    4.0
    2008/6/25

    有楽町スバル座で観ました。昭和21年オープンのふっるい映画館です。シネコンに慣れている身には座席の具合が今いちだったりしますが、この作品はポップコーンのにおいのなかドルビー音響で観る感じじゃあないなと思いました。 ひとりの男が、結婚したばかりの妻とその連れ子と3人でささやかな新婚旅行へ出かける。互いに思いあっているのだけれども、子供がまだ父親になついていないこともあり、なんともぎこちない空気。歳のいったふたりがそれでも互いに歩み寄り、旅のあいだに次第に家族になっていく過程と、刑務官である男が休暇をとるために死刑執行に加わった顛末とが、時間を前後して淡々と描かれていきます。 死刑制度是か非かについて考えさせられる、あるいは考えよと伝えてくる作品ではないかもしれません。「支え役」を自ら志願したことで主人公は同僚に非難されたりもするのですが、彼自身もちろんそのことに対して葛藤を抱えています。しかしきっちり悩んで、これから生きていく自分がたいせつな家族とともに一歩先へ進むために敢えて休暇をとるほうを選ぶのです。残酷といえば残酷だけれども、残酷なんてそこらにいくらでも転がっています。生きている人間は、まずは明日を見据えて生きていかなければならない。明るくはないながら、前向きな物語なんではないかと感じました。 わりと最近、『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングにものすごい二日酔いで登場した小林薫が、朴訥な男をみごとに演じています。いやー役者ってすばらしい(笑)。キャスト陣はみんな良いです。観終わって決してどよーんと落ち込んだりはしません。佳い作品だと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告