百万円と苦虫女|MOVIE WALKER PRESS
MENU

百万円と苦虫女

2008年7月19日公開,121分

動画配信

  • amazon-prime
  • netflix

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

テレビやCMなどでも活躍中の蒼井優主演のドラマ。「赤い文化住宅の初子」のタナダユキ監督が、若くして人生に行きづまった女の子の不思議な旅と心の成長をつむぐ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

就職浪人中の鈴子は、警察沙汰に巻き込まれてしまったため、実家を出ることを決意する。周囲に心を閉ざしたままの彼女は百万円が貯まるごとに引っ越しを繰り返し、見知らぬ土地でさまざまな出会いを経験していく。

作品データ

製作年
2008年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
121分

[c]2008「百万円と苦虫女」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    さだお

    3.0
    2008/9/7

    ストーリーは良かったと思うのですが、
    最初から最後まで、重く感じすぎて、個人的にはすっきりしない内容でした。

    最後のシーンは、そうじゃない方が良かった…

    違反報告
  • rikoriko2255

    Code

    4.0
    2008/8/4

    イマドキの行き違いは、こんな感じだろうか?
    閉鎖的なところからの離反には、キッカケが一番大事かな。

    蒼井さんは、これまで観てきたのより自然体かな。
    そして、あるかもしれないね。そう思う。
    人との接点、つながりは何でなされるかわからない。
    出来事、優しさがどこにあるのかも。

    そう、やっぱり『自分を探す旅』なのだと思う。
    大事なのはなんだろう? 決めごとや形じゃないよね。
    素直になれることなのだよね。(^-^)

    違反報告
  • rikoriko2255

    nakatadairake

    3.0
    2008/7/28

    告白すると、ぼくはテレビドラマ『タイガー&ドラゴン』の「芝浜の回」で蒼井優ちゃんに心を鷲づかみされてしまったのですが、『人のセックスを笑うな』に引き続き今回もかなりいいです。

    でも残念ながら、映画のほうはあんまり感心しなかったなぁ。出だしがかなりエキセントリックな始まり方だったので、この映画どうなっちゃうんだろうと思って観ていたら、本題にはいってからはちょっと当たり前すぎる展開になって肩すかしをくらったような感じですかね。

    最後のほうで森山君の後輩の女の子の云うセリフが、腑に落ちないというか、なんとも映画の流れに合ってない感じがして、なんか消化不良気味でしたね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ふく

    4.0
    2008/7/20

    ご本人による舞台挨拶は・・・チケットが取れず(>_<)行けませんでしたが、監督のみの舞台挨拶に行って参りました(*^^)v
    監督曰く、一番地味な蒼井優らしいです。
    そして、ロード労働ムービーです★(こちらも監督談)
    しかし、100万円!!結構貯まるもんなんですねっ(^_^;)
    私には、とてもとても(-_-;)
    この映画は、蒼井優ちゃんの為に監督が脚本も勤めているので正にハマリ役だと思います(^_-)-☆

    違反報告