闇の子供たち|MOVIE WALKER PRESS
MENU

闇の子供たち

2008年8月2日公開,138分
PG-12
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

タイの裏社会で日常的に行なわれている幼児売買春、人身売買という衝撃的なテーマに挑んだ阪本順治監督の新作。臓器売買という非人道的な問題に迫る新聞記者を江口洋介が熱演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

タイで日本人が臓器移植手術を受ける事になり、提供者の子供が生きたまま臓器をえぐり取られるという衝撃の事実を知った記者の南部。彼は社会福祉センターで働く恵子とともに、姿を消した少女の行方を探るのだった。

キャスト

江口洋介

ナンブヒロユキ

宮崎あおい

オトワケイコ

妻夫木聡

ヨダヒロアキ

プラパドン・スワンバン

チット

プライマー・ラッチャタ

ナパポーン

Pudis Wongtrakul

Geaw

Suntree Mailaoo

チョンプー

Tanapath Singamrat

Lek

アタゴーン・スワンナラート

Sorpong

Pawinee Watronnachai

ペン

Pon Rungreang

Noi

Potchanee Yailaor

Darunee

Suchart Hadsai

Bai

Pansak Wansao

トイ

Kullasatree Kanmakklang

ヤイルーン

Nichakorn Puapornpong

Senla

Setanan Homyamyen

アランヤー

Nopadol Saeaong

Tanom

Knawut Nokwong

ロイ

Kong

売春宿の子供

Jittema

売春宿の子供

Um

売春宿の子供

Chung

売春宿の子供

Jun

売春宿の子供

Jame

売春宿の子供

Deao

誘拐された子供

Phej

誘拐された子供

Jung

バーンウンアイラックの子供

Joy

バーンウンアイラックの子供

Tai

バーンウンアイラックの子供

Kod

バーンウンアイラックの子供

Jatupol

バーンウンアイラックの子供

God

バーンウンアイラックの子供

Tom

バーンウンアイラックの子供

Katoon

バーンウンアイラックの子供

Plaa

バーンウンアイラックの子供

Suchanat

バーンウンアイラックの子供

Chutarat

バーンウンアイラックの子供

Fear

花を売る子供

Nik

花を売る子供

Deaw

ストリートチルドレン

Michael

ファットマン(売春宿の客)

Michelle

オーストラリアン(売春宿の客)

Diprima Paphael

チャールズ(売春宿の客)

Nicolas

ゲルマン(売春宿の客)

Stef Putnam

スーザン(売春宿の客)

ピーター・ツインストラ

スーザンの夫(売春宿の客)

Amorn Sirahathaiwourakig

売春宿の従業員

Nui

売春宿の従業員

Kae

売春宿の従業員

Anchalee Sritaweegoon

密輸業者

Eeu

密輸業者

Mali Phonprasong

密輸業者

Graivit Singha

Navaming

Duandara Krinming

チットの母

Pairoj Noiprai

仲介屋

A du Chimun

センラーの父

A yum Chimun

センラーの母

Charee Immak

警察官A

Dechawat Jarunpat

年配の警察官

Baasaworn Nisuwan

バーの従業員

Sitichoak Aksharanandana

元仲介屋

Arun Bhavilai

Chawarit

Rit Luecha

Somkit

田畑弦

カジカワツバサ

高木正雄

ニホンジンイシ

妹尾公資

オオヤマノハイカイチ

内田亮介

オオヤマノハイカニ

アンドリュー・トーマス

Brendan Le Roux

チャールズ・ラムルー

Oleg Bogomolov

豊原功補

シミズテツオ

外波山文明

オオヤマ

三浦誠己

ヤダ

鈴木砂羽

カジカワミネコ

塩見三省

ヒジカタマサミ

佐藤浩市

カジカワカツヒト

スタッフ

気賀純夫

製作

大里洋吉

製作

中沢敏明

企画

遠谷信幸

エグゼクティブプロデューサー

椎井友紀子

プロデューサー

山口敏功

アソシエイト・プロデューサー

梅村安

アソシエイト・プロデューサー

相原裕美

アソシエイト・プロデューサー

富田敏家

キャスティングプロデューサー

梁石日

原作

岩代太郎

音楽

笠松則通

撮影

杉本崇

照明

志満順一

録音

原田満生

美術

蛭田智子

編集

今村治子

スクリプター/記録

小野寺昭洋

助監督

井川浩哉

製作補

市原大地

監督助手

張元香織

監督助手

槇憲治

撮影助手

儀間眞悟

撮影助手

河合信治

撮影助手

横道将昭

照明助手

大竹修二

録音助手

冨田和彦

録音助手

杉山篤

選曲

越智美香

スタジオエンジニア

小峰信雄

磁気リーレコ

宇田川章

光学録音

大場広樹

光学録音

佐々木英世

音響効果

朝倉三紀子

音響効果助手

浅野誠

セットデザイナー

大徳雄二

組付き大道具

杉本亮

美術助手

櫻井啓介

装飾

今村昌平

持ち道具

小池晶子

装飾助手

岩崎文男

衣装デザイン

近藤美香

メイク

細野優理子

編集助手

奥田朋恵

編集助手

松村由紀

ネガ編集

大見正晴

タイミング

石橋英治

タイミング

金子鉄男

オプチカル

山岸江美

オプチカル

竹内秀樹

題字/タイトル

南成木

題字/タイトル

アウラ

字幕制作

ジェフリー・ジョンソン

スチール

石橋亨介

メイキング

神中栄

車輌

比嘉實

車輌

町田聖ニ郎

車輌

林隆喜

車輌

鍋嶋聡一郎

車輌

小泉朋

製作主任

福井一夫

製作進行/プロダクション・マネージャー

海沼智也

製作進行/プロダクション・マネージャー

矢野裕美

製作デスク

内田亜末

製作経理

辻哲哉

法務

松本ヨシユキ

B班撮影

上野隆治

特機

冨川英伸

応援照明助手

熊谷寛和

応援照明助手

大井秀明

応援照明助手

安倍良平

応援照明助手

榎田大道

応援録音助手

豊川京子

応援メイク

竹間美幸

応援メイク

松本啓介

応援美術

岡下慶仁

演出部見習い

丸山由夏

応援製作進行

阪本順治

監督、脚本

唐崎正臣

プロデューサー[THAI CREW]

Surin Cha Umphanit

プロデューサー[THAI CREW]

Khampee Parkswan

プロデューサー[THAI CREW]

Wanchai Issarangkul Na Ayuttaya

プロダクション・マネージャー[THAI CREW]

Suttiluck Plangseang

アシスタント・ディレクター[THAI CREW]

Wut Chao Sil

プロダクション・デザイナー[THAI CREW]

Napop Sarasit

キャスティング[THAI CREW]

Chaiwat Sombat

照明助手[THAI CREW]

Sompong Maneesuwan

照明助手[THAI CREW]

Tongrob Pantong

照明助手[THAI CREW]

Rettichai Cheepho

録音助手[THAI CREW]

Aekrin Tipawan

Prop Master[THAI CREW]

Noppimarn Anan Ittikul

美術監督助手[THAI CREW]

Vangsapon Numsang

美術監督助手[THAI CREW]

Thiti Taempech

美術監督助手[THAI CREW]

Pratthana Chanklum

スタイリスト[THAI CREW]

Kanokkorn Nakarat

スタイリスト[THAI CREW]

Threerarut Boonsri

スタイリスト[THAI CREW]

Sarold Papapri

メイクアップ[THAI CREW]

Jiamrat Kernviset

ヘアメイクメイキング[THAI CREW]

Serre Sunthornpruk

メイキング[THAI CREW]

Kamol Chidchob

特殊効果[THAI CREW]

Son Konta

特殊効果助手[THAI CREW]

Kachornsak Pinnet

特殊効果助手[THAI CREW]

Pitak Jantharawichit

アクション監督[THAI CREW]

Sonchai Penprajon

アクション監督[THAI CREW]

平聖子

通訳[THAI CREW]

川島良俊

通訳[THAI CREW]

Yodran Hirao

通訳[THAI CREW]

Renu Pachana

通訳[THAI CREW]

天野宗顕

通訳[THAI CREW]

Sombat Momuang

車輌[THAI CREW]

Amnuay Panrong

車輌[THAI CREW]

Manat Promjant

車輌[THAI CREW]

Saeksan Muangsaen

車輌[THAI CREW]

Panuwat Tinpea

車輌[THAI CREW]

Vichien Lanpeaw

車輌[THAI CREW]

Somnuk Panrong

車輌[THAI CREW]

Tong

車輌[THAI CREW]

Anek Jitmongkonbut

車輌[THAI CREW]

Amorn Khanwong

車輌[THAI CREW]

Rattanasiri Issarangkul Na Ayuthaya

ケータリング[THAI CREW]

Rajana Yooman

ケータリング[THAI CREW]

Pensuda Tonthow

プロダクション・アシスタント[THAI CREW]

Mangkorn Piewpuak

プロダクション・アシスタント[THAI CREW]

Sitiporn Injai

プロダクション・アシスタント[THAI CREW]

Charee Panrong

プロダクション・アシスタント[THAI CREW]

Kanjana Adisaisopon

アシスタント・プロデューサー[THAI CREW]

山口スパンニー

タイ語指導

高橋洋子

タイ語協力

中村みすず

タイ語協力

Siripsks Thammaraksa

タイ語協力

ジェイソン・グレイ

英語協力

Hikari Ohta

英語協力

ローランド・ハーゲンバーグ

ドイツ語協力

高桑晶子

音楽制作

田村雅典

レコーディングエンジニア

深澤秀行

MIDIプログラミング

山田広

レコーディングコーディネーター

木谷梨男

劇中曲「みなしごのバラード」・作詞

菊池俊輔

劇中曲「みなしごのバラード」・作曲

阪田寛夫

劇中曲「サッちゃん」・作詞

大中恩

劇中曲「サッちゃん」・作曲

荒木とよひさ

劇中曲「つぐない」・作詞

三木たかし

劇中曲「つぐない」・作曲

吉岡憲彦

字幕

リンダ・ホーグランド

英語字幕

坂上直行

配給協力

大野貴裕

製作委員

室市雅則

製作委員

熊澤芳紀

製作委員

大枝浩之

製作委員

林裕之

製作委員

原田知明

製作委員

植田陽子

製作委員

桑田佳祐

主題曲/主題歌、主題歌・作詞、主題歌・作曲、主題歌・編曲

斎藤ネコ

主題歌・弦・管編曲

作品データ

映倫区分
PG-12
製作年
2008年
製作国
日本
配給
ゴー・シネマ
上映時間
138分

[c]2008「闇の子供たち」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.8
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2009/1/29

    ようやく観ることができました。なるべくだったら辛い映画は観たくないと思っていましたが、たまたまチケットが手に入ったので、これも運命だと思って観に行きました。結果としては、”まあまあ”でしょうか。子供を殴るシーンはやはり観たくなかったし、ましてや性的なシーンは・・・。 しかし翻って考えると、我々の快適な生活の為に、合法/非合法を問わず、多くの児童労働が犠牲になっているのですよね。聞いた話で申し訳ないが、カカオやコーヒー豆、バナナや椰子油の収穫にも、想像を絶する労働が必要なんですって。え?って感じでしょう!我々の飲むコーヒーの一杯、一杯、何気なくかじるチョコレートの中に少年たちの苦渋が詰まっているなんて・・・。我々はともかく罪深い生き物のようです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2009/1/17

    見る機会は何度も有ったけど、敢えて延ばして来た映画です。 コレを見たら、自分がどう感じ、どう言う気分になるか解っているから。 こう言う現実を知らないわけじゃなく、目を背けている訳じゃなく、積極的に関わっていない自分が居て、それは卑怯な事だと知っている・・ 世の中には、千差万別の好みがあり、その延長上に、同性愛や特殊な性癖の持ち主も居る。 嘗ては同性愛者も罪人でしたよね。 この辺に偏見は無いので、お互いの同意の元なら私は他の恋愛となんら変わらないと思う。 金持ちの道楽や、更なる刺激を求めて・・なんて輩には同情の余地も無い。 皆裁いて頂きたい。 でも、そこにしか愛を持てない人は? 存在自体が罪なのか・・? 幼児にしか、惹かれない性癖を持って産まれた人は己の欲求を満たそうと思えば、それはどう足掻いても犯罪になる。 どうしたら良いのか・・ 作中の記者は少年を買った。 その過去を抱えて生きている。 幼児性犯罪者の記事の間の鏡に自身の顔を映し、己を責め続けて生きてきた。 そして結末として彼が選んだ道は、そう生まれてきた人たちにとって、ショックな展開でしょう・・ 自分達に生きる権利は無いのか・・と。 そして、必要悪と言う利己主義な言葉が浮かぶ。 売春婦が居なければ、性犯罪が増える。 婦女子が安心して生きるために、黙認されてきた売春婦たち。 自らその職業を選んだ人も居れば、日本でも口減らしの為に親に売られた娘も居た。慰安婦なんて物も存在した。 もし、子供をお金で買える場所が無かったら、幼児の誘拐や襲われる事件が増えるとしたら、そう言う場所を摘発し、全て壊滅しろ!と言えるのかしら・・ でも、だとしたら、彼女達は、生贄なの・・? 需要が有り、供給が有る。 彼らは皆罪人だ。それは間違いない。 自分たちのささやかな荒んだ生活を続けるために、我が子を売る親。 売った子でも、亡骸となった我が子の為に声を絞って泣く母・・ 彼らの罪は重いでしょう・・ 事実に目を瞑り、我が子を守る為にお金を出す親。 わが子の命が助かるなら・・と、お金を出す親の気持ちは良く解る。 子供のためなら、罪人にだってなるでしょう。 何が悪いのか・・ 何故そう言う病気があり、性癖が有るのか・・ どうしたら良いのか、解らなくて、答えがない堂々巡り・・ この映画で、こう言う闇の世界を見せ付けられ、そしてどうしたら良いのか・・ いつも解らなくなる・・ だって、該当者たちは見ないだろうし、何も感じない人は感じない。 私は女だから解らないけれど、そう言う、叶わない性癖で産まれてしまれてしまい、その欲求と戦っている人たちは、去勢しちゃ駄目なのかしら。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ふく

    4.0
    2008/11/13

    内容的には結構重たいストーリーですが・・・どれも現実にあるお話(>_<) また、現地ロケも敢行し、通常映せない場所でのロケありで、撮影もかなりハードだったそうで、より現実味があります。 最初は単に臓器売買の真相を暴くお話なのですが・・・最終的には、人にある「闇」って恐い(>_<)!!ってお話しになっていて、何かすっきりしない物がありますが、皆さんに観て頂き、各々で考えて頂きたいと思います。 映像化するには困難!!と言われた作品を見事、映像化し素晴らしい作品にした阪本順治監督に脱帽ですm(__)m

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    toku69

    4.0
    2008/9/28

    原作を読んで、映画化されると聞いて、 あの内容を、どう映像化するのか ずっと、気になっていました。 グロテスクな場面も多々ありますが、 避けては意味の無い場面。 思わず、握り拳を作っていました。 原作は、救いが無い作品でしたが、 無残な最後にならなかった少女が 一種、救いがあったと思いました。 南部(江口)の闇の部分が描かれてますが、 どうなんだろ?これは必要があったかな? ラストは、とてつもない怖さがありました。 宮崎あおいは、音羽のイメージと少し違っていましたが、 よく頑張っていたと思います。 佐藤浩市は、少しだけの出演でしたが すごい存在感でした。 一人を助けるために、一人が犠牲になる。 不条理すぎる現実が、とても悔しくて でも、何が自分に出来るのか・・。 「根を絶つ」には、 先進国の人間の意識改革から始めないとダメなんだろうな。 だからといって、無くならないだろうし。 臓器売買は勿論だが、 児童買春だけでも無くなって欲しい。 重すぎる悲しみです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告