ブラインドネス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ブラインドネス

2008年11月22日公開,121分
PG-12
  • 上映館を探す

国際的なスタッフ&キャストが結集したパニック・サスペンス。謎の“白い病”に冒され盲目化した人々の恐怖と不安、そしてかすかな希望のドラマを緊迫感たっぷりに描き出す。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある日本人青年の視界が突然真っ白になった。その原因不明の奇病は世界中に爆発的に広まり、政府は患者全員の強制隔離を決定する。やがて収容所に集められた患者たちは、人間の弱さやみにくさをさらけ出していく。

作品データ

原題
Blindness
映倫区分
PG-12
製作年
2008年
製作国
カナダ ブラジル 日本
配給
ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間
121分

[c]2008 Rhombus Media/O2 Filmes/Bee Vine Pictures [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

2.7
  • rikoriko2255

    4.0
    2018/8/27

    原作はジュゼ・サラマーゴの小説「白の闇」。突然視界が真っ白になり何も見えなくなるという症状が一人の人から始まり世界各地に蔓延する。パニックになり戸惑い理性をなくし欲望を露にする人々。その中でただ一人だけが見えていて、献身的に人々を助けようとする。キリスト教的に解釈する映画。この感染症は現代人へ、本当に見えているか、に疑問を投げる、警鐘を鳴らす、神からの試練だった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    2.0
    2009/11/4

    感染症により盲目になっていくという 恐怖心が掘り下げられるテーマは悪くなく、 パニックものにするにしても 心理サスペンスものにするにしても それなりにストーリーは考えられそうですが この作品は何か中途半端なストーリーに してしまったように思います。 隔離病棟での出来事も観ていて腹立たしいし 町をさまよう感染者がゾンビのように 描かれてたのもあまりいい気分にはなりませんでした。 出演者も豪華にしているのに 何か勿体無い作品やなぁって思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    ふく

    3.0
    2008/12/4

    日本が誇る2大俳優が出演しているので少し興味があり・・・行って参りました(*^^)v 突然、失明し・・・それが伝染病になって世界規模になって行くお話し・・・最初の感染者達は隔離され、外界とも遮断されます。 人が多くなるにつれ、色んな派閥が出来・・・ショッキングな事も起こりますが、あるきっかけで突如外に出られる隔離者達・・・もうそこには監視者も居なく、全土の感染の嵐・・・やがて、第一感染者の日本人が突然見える様になり、めでたし×2のお話しなのですが・・・とても疑問符!?の残る作品です。 が、ちゃんと原作本がある作品みたいですので、原作を読めばより理解出来るのかと思います(~_~;) しかし、パンフが\900-とは!?(まぁー、それなりの内容ですが★)驚きです(@_@;)

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2008/11/25

    結局なんだったんだろう・・この現象は。 どうしてそうなったのか、何故彼女だけならないのか。 その辺は置いておいて話は進みます。 隔離された人々の一体感、絶望感、焦燥感、差別問題、凶暴性、そう言うのが色々織り込まれては居るんだけど、色々有りすぎて描ききれては無いですね。触れる位。想像しろって事かな。 でも色々差別を受けて苦労して来たで有ろう老人が、今が一番幸せ・・と言う台詞は重いなぁ。 見えないんだから、容姿も装飾品も関係ない。 織り込まれたメッセージの一つでしょうね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    2.0
    2008/11/14

    はじめの失明者は予告では見ていたけど、意外とインパクト不足。 はじめの失明者(伊勢谷友介)の演技もなんか下手クソで、しゃべりも棒読み(;一_一) その妻(木村佳乃)もいつもと違って、なんか演技がぎこちなく、しゃべりも棒読みっぽかったです。 でも英語は上手でしたよ。 収容所では目が見えない大変さが伝わってきましたが、不衛生極まりないわりにはそのすごさがイマイチ......。 次第に収容者も増え、いくつかのグループに分かれなんとか乗り越えようとしますが、配給も思うようにされなくなると、配給食糧を独占して金品を巻き上げようとするグループが現れ、差し出すものがなくなると、今度は女性に身体を差し出せと強要。 なんかそういうことになるといつも犠牲は女かよ~って感じです。 そんなことがいつまでも続くわけもなく、悪いグループは火を放たれ...............。 ざま~みろです。 そして彼女がいたグループはそこから抜け出し、彼女の家に向かい共同生活をすることに!! 最初のグループは幸運❤ で、ある朝最初に失明した男の目が突然見えるようになり.....ということは失明してった順に、みんなも見えるようになるんじゃないかと希望を持ちますが、見えていた彼女は逆に今度は私が見えなくなるのではと........。 画面がまた白くなったんで、今度はやっぱり彼女が!?って思いましたけど、景色が見えて大丈夫でした。 でも失明した原因がわからなければ、見えるようになったのもなぜ???って感じで、「ハプニング」の時より原因がわからなくって、モヤモヤ感が残る映画でした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告