007 慰めの報酬|MOVIE WALKER PRESS
MENU

007 慰めの報酬

2009年1月24日公開,106分
  • 上映館を探す

ダニエル・クレイグが“6代目ジェームズ・ボンド”を演じる人気スパイ・シリーズの最新作。前作で愛する女性を失った英国諜報員ボンドが、憎き敵に戦いを挑む!

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

テロ資金源壊滅の任務を共にした女性ヴェスパーを愛したものの、裏切られたうえに死なれてしまったボンド。彼女を操っていた組織を追ううちに、その幹部を務める謎の男グリーンの存在に突き当たる。

作品データ

原題
Quantum of Solace
製作年
2008年
製作国
イギリス アメリカ
配給
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間
106分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • たっかん

    3
    2016/6/9

    イタリアから始まり世界をまたにかけたアクション映画になっている。
    前作に続いて、ダニエル・クレイグが007を演じる。

    冒頭のカーチェイス&銃撃戦、飛行機チェイスなど、さすがの迫力アクション場面が続く娯楽作になっている。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • Curve

    4
    2013/5/17

    どうやらあまり評価が芳しくない今作。
    私はスカイフォール、カジノロワイヤルと順は違うにせよ007熱が最高値で見たので非常に楽しめた。
    オルガ・キュリレンコの美しさは前作のエヴァ・グリーンとはまた違った質のもの。ボンドと肩を並べて闘うボンド・ガールってのも良いなと思った。彼女はそのキャスティングにばっちりだ。

    ただ敵役のマチュー・アマルリックの小粒感が半端なかった。
    腹心がカツラってのも正直要らない要素だったんじゃないかと。

    しかしジャケット画像のボンドとカミーユが黒の衣装で凛と歩み、互いに違う方向を見ている。といったあたりに今作の全てが表されてるような美しさでそれだけでも良し!と言える。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • まこと

    4
    2012/12/8

    ダニエル・クレイグ版の007、3本立ての2本目です
    3本見終わってからの感想ですので、他の方とは若干、見方が違うかもしれません

    前作に続くストーリー
    前作の引きが良かったので、この始まり方は悪くありません
    でも、前作を観てないと楽しめませんねw

    アクションのスケールはそのままですが、前作と比べると、ややインパクトに欠けるかも?
    でも、その分、ストーリーは前作よりも出来が良い気がしますね

    ただ、ボンドガールとの絡みが少ないのは残念
    もっとプレイボーイを気取ってないと、007っぽくないよね~

    まあ、前作同様、もう少しハードボイルドに徹して欲しいところではありますが…
    この作品でボンドも吹っ切れたみたいだし、まあ次作に期待しましょうw

    (12/11追記)
    カジノ・ロワイヤルのレビューにも追記しましたが、カジノ・ロワイヤルってイアン・フレミングの原作では第一作目にあたるので、ボンドのキャラクターが他の作品と違うのは、仕方ないですね

    多分、この後に色々な事があって、立派なプレイボーイに成長するんでしょうw

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告