ワルキューレ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ワルキューレ

2009年3月20日公開,120分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

トム・クルーズが祖国を愛するがゆえに、独裁者ヒトラーの暗殺を企てた実在の人物、シュタウフェンベルク大佐に扮した歴史ドラマ。監督は「Xメン」シリーズのブライアン・シンガー。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

爆撃で左目を負傷しながらも、祖国のために我が身を捧げる男シュタウフェンベルク大佐。ヒトラーによる独裁政権に疑問を抱き、ヒトラーの暗殺を企てるが、それは過去40回以上も失敗してきた至極困難なミッションだった。

作品データ

原題
Valkyrie
製作年
2008年
製作国
アメリカ
配給
東宝東和
上映時間
120分

[c]2008 METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2010/5/5

    ハラハラドキドキ感はかなりでした。 事実に基づく作品なんで 結果は分かってしまいますが それでもスリル感を味あわせてくれます。 登場人物が分かりにくいところもありますが テンポ良く進むストーリーが ググッと掴んで離しません。 第二次世界大戦の話ですが 今でもある国(近所の国)で 起こりそうな話ですね~。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    みお

    4.0
    2009/7/21

    ヒトラーの暗殺といえば、きっとものすごく計画されたのだろうなあくらいな、印象しかなかった。 ましてや、ドイツ国内・軍部内部で計画・実行されたなんて、果たして今の私達日本人は、いったいどれくらいの人がしっているのだろうか。 記憶のなかで、世界史そのほか、授業でやった覚えはない。 どうしても、カットされやすい近現代史だからとはいえ、本当に知らない。 確かに、どんな状況下とはいえ、反対勢力はあるわけで、特にヒトラーのナチス党員に全国民が、賛同するわけではないのであろうから。 あの、失敗に終わった暗殺がなされていたら、あの戦争はどうなっていたのだろうか。しいて言えば、もっと早くに成功していたら、あの大虐殺は起こらずにすんだのだろうか・・・。 保身に走る軍人がいるかとおもえば、心酔した上司にひたすら付き従う軍人。どちらも人間らしいといえるのだけれど

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    レインボーパパ

    3.0
    2009/4/11

     映画を観る前からこの暗殺計画が失敗することは知っていたし、1200人が拘束され、首謀者達が処刑されたことも知っている。悲惨な結末へと向かっていく様をみるのは辛いものだ。  祖国のための暗殺計画。成功の確率は高いと踏んでの結構だっただろうに、多くの不運があった、ヒトラーには悪運があったようだ。  実行場所が爆風の篭るコンクリート壁で無窓の密室ではなく、爆風が逃げる木製の窓のある部屋になってしまったこと。テーブルが意外と丈夫だったこと。爆弾の火薬量が少なかったこと(これは映画の演出かも)。共謀者の決断力が鈍かったこと。  情報をコントロールできなかったことと、確実に殺害できたかを確認しなかったこと。  何よりも、この暗殺計画は軍事クーデター、国家上層部の権力闘争であって、国民的蜂起によるものではなかったことかもしれない。  しかも、この計画の9ヵ月後にドイツは敗戦。知る由もないこととはいえ、歴史とは過酷なものと思わずにいられない。  しかし、独裁者の国にあって、命を賭して信じる道を進む姿には深い感銘を覚えた。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    ぼうしゃ

    3.0
    2009/4/1

    歴史を知っていれば(大体の方は知っていると思いますが)、結果は周知の事実。とすれば、どのように計画が進められていったか、そしてどのような経過を辿って結果が導かれたかという事が重要になると思います。流石に0当日の映像はドキュメンタリーの様な緊張感があります。しかしながら問題は、計画がどうしてあのような結果を招いたのかが詳しく描かれていない、あの人物がどうして助かったのか、もちろんクーデター側からの視点のみという描き方はあるとは思いますが、その一方のみを追いかけており、破綻の原因と結果が詳しく描かれていないところは物足りない気がします。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    YUKO

    3.0
    2009/3/29

    全くこの事件知らずに見に行きましたが、思ったほど 残虐な場面はなかった気がします。 でも やはり 迫力はあるのでこれは映画館で見たほうがいいと思います。 トムの演技はとてもよかったと思う。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2009/3/28

    歴史的に残る作戦のはずなのに何故に、最後の詰めが甘いのか? 爆破を見たと言ってもヒトラーの安否確認をしなくては意味ないっしょ!時間も任務も重要な程、どれだけ確認が必要か、己の生死に匹敵するミッションであっただろう! 本当にこの作戦が成功していたら、歴史は全て変わっていたし、世界はどうなっていたのだろうと想像してしまう。 T.クルーズのhollywoodのまばゆい光がこの実話にどう影響したか、この映画の映画の成功は観客の嗜好に偏るかなぁ。ただ、彼の周囲の英国俳優がかなり支えているのは絶対的でしょう!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2009/3/27

    映画の最初はドイツ語でトムが独白を始めて、英語(と日本語)で字幕が出ます。「え?え?」と見ていると、自然に英語に変わります。これは、やはりドイツの将校が英語話すの?という素朴な疑問に答える為でしょう。『シルク』もフランスの話なのに英語だったし、『戦場のピアニスト』もポーランドの話なのに英語だったし、という風に英米以外を舞台にした「英語劇」には違和感が伴います。 あと、トム・クルーズと言えば、どうしても『ミッション・インポッシブル』でしょう?爆薬を仕掛けて、建物から出て来たところは、どう考えても、あの5拍子のテーマソングが聞こえてきそうな感じでした。 まあ、悪くはないけど、五つ星という訳にはいきませんね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    5.0
    2009/3/27

    ヒトラー時代の映画で、暗そうであまり期待はしてなかったんですが、登場する人物の描写が素晴らしくって、演じる俳優の演技も真に迫っててよかったです。 作戦遂行中のこわばった表情など、トム・クルーズには釘付けになりました。 失敗すれば死。相手は絶対的総統ヒトラー。 ヒトラーの死が確認されるまで動けない人間の心理も当然だ~~~~ぁ。 でも、今自分がやらなければ駄目になる、国が滅びる、国を助けたい、家族を守りたい、その信念で皆が動くその様は.............感動ものでした。 そして最後は..........。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    やまひで

    -
    2009/3/19

     M:I作戦は、困難ではあるが、最後には成功する。政治スリラー『ジャッカルの日』では、暗殺者はドゴール大統領の暗殺に最後は失敗するのが最初から分かっているが、いいスリラーである。本作でもその暗殺実行が未遂に終わるのが最初から知れている。良いスリラーは撮られてしかるべきであるが、歴史の改竄はやめて欲しい。脚本家の歴史への敬意が問われるべきである。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    たれ

    4.0
    2009/3/18

    全く予備知識なく観ましたが、後半の緊迫感は圧巻でした。 事実を映画化した作品には、間延びしてしまう作品や、エンターテイメントとしては、物足りなさを感じる作品もありますが、この作品は観て損はないと思います。 知っておくべき史実だと思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2009/3/3

    終わって帰るエレベーターの中で「あの時代に生きて無くて良かったね」と言う女性グループが居まして・・歴史的背景を知らずに見ているのかなぁ・・?と不思議になりました。 ユダヤ人にへの迫害シーンなどは出てきません。 冒頭のトムの被爆シーンを覗いてはひたすら参謀です。 友人は終わった時にたったあれだけの火薬で・・と言いました。 あの位しか危険で持ち込めないからかな・・と思いましたが、極力血を流さない革命だったのかな・・とも思いました。 本当に、ああ言う暗殺計画は沢山有っただろうし、映画でも沢山描かれていますが、勿論出世の為・・と言う人も居たでしょうが、命がけで、ドイツの為に何とかしようとした人たち。 誰よりも、当事者の彼らは切実だったのでしょうね・・ 最期の最期まで、トムに忠誠心を示した彼に泣きました・・ 歴史を知っていながら、上手く行く事を願ってしまいましたよ・・

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告