サンバーン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

サンバーン

1979年8月25日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アカプルコで起こった1人の男の事故死をめぐって、保険調査員とモデルが、事実をつきとめるまでを描くミステリー・アクション映画。製作はジョン・デーリーとジェラルド・グリーン、監督は「バニシング・ポイント」のリチャード・C・サラフィアン。スタンリー・エリンの「空白との契約」を基にスティーブン・オリバー、ジェームズ・ブースとジョン・デーリーが脚色。撮影はアレックス・フィリップス・ジュニア、音楽はジョン・キャメロンが各々担当。出演はファラ・フォーセット、チャールズ・グローディン、アート・カーニー、エレノア・パーカー、ジョーン・コリンズ、シーモア・カッセル、ロビン・クラーク、ジョーシ・グッドフェロウ、ジョージ・ルークなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アカプルコの昼下り、太陽の照りつける中、疾走する1台の車が酒場に激突して炎上した。そして運転していた男が死んだ。一匹狼の保険調査員ジェイク(チャールズ・・グローディン)が死亡したアカプルコの住人ソーレンの死因の確認を依頼された。もし、事故死なら、保険会社は2週間後に500万ドルを支払わねばならず、それを阻止できれば、彼に10パーセントの報酬が入ってくる。ジェイクの考えた作戦は、妻を仕立て、ソーレンの家付近に住みこませ、真実を探ろうというものである。そこへやってきたモデルの美女エリー(ファラ・フォーセット=メジャース)は、早速ジェイクに使われるハメになった。ソーレンの顧問弁護士の隣人となった2人は、弁護士夫人ネラ(エリナ・パーカー)や息子カール(ロビン・クラーク)、その妹ジョアンナ(ジョーン・グッドフェロー)と顔なじみになる一方、弁護士一家とソーレン家に盗聴器を仕掛けることに成功した。古い付き合いの老私立探偵マーカス(アート・カーニー)の手を借りたジェイクは、ソーレンが恐喝されていたこと、そして彼がドブス(セイモア・キャッセル)という男と会ってから、弁護士と通っていたサウナヘ足を踏み入れたくなったことなどを知った。さらに、第2大戦中の人間関係がからんでいることを知った。そして、ソーレンの事故現場に居合せたバスク(ジョージ・ルーク)、この一帯を動かすギャング組織のボス、ゲラとその手下たちが、ソーレンを死に追いやったことをつきとめた。やがてエリーの協力などでジェイクはそれを証明することに成功するのだった。

作品データ

原題
Sunburn
製作年
1979年
製作国
アメリカ
配給
松竹=富士映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    みるみる

    3.0
    2019/11/11

    ファラ・フォーセットが大好きです。可愛らしい笑顔に美しいブロンドのライオンヘア、本当に素敵です。 本作でも屈託のない笑顔と抜群のプロポーションでカーアクションもどこまでが本人かは分かりませんが頑張ってます。すこしコメディータッチで、かと思えば後半は銃撃戦あり街中と闘牛場でのカーアクションありと盛りに盛った内容です。それほど緊迫感のあるミステリーではありませんが彼女の魅力は十分堪能できます。 2009年に亡くなった時はショックでした。久しぶりにあの笑顔が見れて嬉しかった。私にとってはセックスシンボルというより輝くようなエンジェルスマイルの方が印象深い素敵な女優さんです。ずっと大好きです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告