60歳のラブレター|MOVIE WALKER PRESS
MENU

60歳のラブレター

2009年5月16日公開,129分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

“ラブレター”をモチーフに、長年連れ添ってきた男女の思いをつづる感動ドラマ。3組の登場人物の喜びや迷いを描きつつ、人と人との絆の大切さを観る者に伝える。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

夫の定年退職を機に離婚を決めた孝平とちひろ。かつて音楽が縁で結ばれた魚屋の夫婦、正彦と光江。5年前に愛妻を亡くした医師、静夫と翻訳家の麗子。彼らはそれぞれ重大な人生の転機を迎える。

作品データ

製作年
2009年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
129分

[c]2009「60歳のラブレター」フィルムパートナーズ [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.3
  • rikoriko2255

    jemmy

    3.0
    2009/5/6

    10代の初恋のような初々しさもなく、20代の全てを注ぎ込むような 激しい恋でもない。 30代、40代でぶつかる迷いもないが、Around 60だからこそ感じる 静かな恋が描かれていたと思う。 長年連れ添って、お互いが空気のような存在になってしまった夫婦にとっては、 相手を”かけがえのない存在”と改めて気付く”二度目の恋”というのでしょうか。 実際に寄せられた手紙をもとに作られた作品ということですが、 思いの丈を綴った手紙でも、カードに書いた短い文章でも、 相手を大切に思い、これからも手に手を取って一緒に歩んで行きたいと思う 気持ちが伝わって、 打ち上げ花火のような華やかさはありませんが、線香花火のような優しいさを 感じました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2009/5/1

    題名が題名だけに、年配の方が多かったですがタイトルに惑わされるなって感じです。 流れとしてはおとなしめで、どこにでもあるあると感じさせる映画でした。 定年退職後、会社を出て向かったのは、若い愛人の住むマンション。 でも仕事一筋でカタブツっぽい人間が愛人!? ちょっと矛盾(;一_一) 離婚後は愛人宅に転がり込むのかと思ったら、一人暮らし??? 今まで仕事人間で、炊事・掃除・洗濯はみんな奥さんがやってきただろうから、それもちょっと無理がある。 大企業で地位があっても、やめればただの人って言うのも、よくありげなお話。 他に2組のタイプの違った夫婦やカップルも登場して、それぞれに微笑ましい。 今回中村雅俊と井上順が、本来のイメージとは逆の不倫夫と堅実な男やもめを演じているのにも注目ですかね。 最後に題名の意味がわかったけど、「60歳のラブレター」としてしまうと、なんか年配向けのに感じちゃう。 それだったら「30年後のラブレター」とかにした方がよかったんではないかと???

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    みわ

    3.0
    2009/4/29

    3組の熟年カップルのそれぞれのエピソードのいろいろな場面で、 同じくらい、またはそれ以上の人生を過ごしてきた者には 思い当たる節があるのではないでしょうか。 自分のことのように感情移入できたり、 身につまされたり 反感を持ったり。。。。 でも、現実はそんなに甘くない! 私だったら。。。 映画とは全く異なったエンディングを迎えることでしょう。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2009/4/29

    中村雅俊/原田美枝子/井上順/戸田恵子/イッセー尾形/綾戸智恵、出演者を見ると凄いんだけれど、イマイチもの足りない? 彼らの芸歴、実力が違い過ぎて素直に入って行けない。一番旨いのが、当然イッセー尾形。天皇陛下から魚屋の親爺まで、この人良くやるよ! 素人同然が井上順、これは役柄が研究者ということでやや救われている面があるけどそれにしても、ちょっと。娘の高校生役と良い勝負か。 中村雅俊と原田美枝子はもちろん旨いのだけれど、役柄がちょっと不満。中村は「堅実朴訥なサラリーマン」だけれど、面白みがない。最後にちょっと、「らしさ」を発揮。 美枝子は実生活では、ムチャクチャスキャンダラスだったけれど、役柄では「実直な妻」。えっ?という感じ。 綾戸智恵は、本来役者じゃないのに、下町のおばさんで、旦那の元「追っかけ」を演じていてかわいい。 こうして見ると、キャスティングってのは、ある程度その人の実生活も知られているので、なるべく境遇の近い人の方が良いのでは?原田美枝子も『火宅の人』では、その奔放さが出ていて良かったよ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告