ウルトラミラクルラブストーリー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ウルトラミラクルラブストーリー

2009年6月6日公開,120分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

松山ケンイチが新進気鋭の女性監督・横浜聡子とタッグを組み、彼らの故郷である青森県で全編ロケを敢行した恋愛映画。聞き取れないほど強烈な津軽弁が独特の笑いを生む。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

青森県で農業をしながら暮らす変わり者の青年、陽人は、臨時の保育士として東京からやって来た町子にひと目ぼれ。そんな町子が青森を訪れたのは、事故に遭った恋人の死に疑問を抱き、ある占い師に相談するためだった。

スタッフ

近藤龍人

撮影

藤井勇

照明

加藤大和

録音

杉本亮

美術

酒井拓磨

装飾

普嶋信一

編集

伊賀大介

衣装デザイン

荒木里江

衣装デザイン

清水ちえこ

ヘアメイク

大友良英

音楽

100s

エンディングテーマ

小島彩

音響効果

奥定正掌

スクリプター/記録

野尻克己

助監督

福井一夫

製作担当

川澄朋章

スタント・コーディネーター

浅野秀二

SFX/VFXプロデューサー

岡本英理

スチール

城内政芳

製作進行/プロダクション・マネージャー

橋詰和幸

製作進行/プロダクション・マネージャー

伊達真人

製作進行/プロダクション・マネージャー

瀬野尾圭太

製作進行/プロダクション・マネージャー

平井清美

製作経理

松岡達矢

製作デスク

宮崎慎也

製作委員

平山博志

製作委員

岡本東郎

製作委員

板坂さゆり

製作委員

由里敬三

製作委員

渋谷恒一

製作委員

安村重幸

製作委員

田中正

製作委員

中村理一郎

製作委員

青木竹彦

製作委員

渡邉数馬

製作委員

加納貴治

製作委員

鈴木甚之

製作委員

津嶋敬介

製作委員

竹中久美子

製作委員

高梨卓也

製作委員

小松賢志

製作委員

白濱なつみ

製作委員

宍戸健司

製作委員

堀内大示

製作委員

齋見泰正

製作委員

松舘俊英

製作委員

菊地美世志

製作代表

大島満

製作代表

馬場清

製作代表

和崎信哉

製作代表

堀義貴

製作代表

宮路敬久

製作代表

井上伸一郎

製作代表

御領博

製作代表

孫家邦

製作代表

中野朝子

プロデューサー

土井智生

プロデューサー

横浜聡子

脚本、監督

作品データ

製作年
2009年
製作国
日本
配給
リトルモア
上映時間
120分

[c]2009「ウルトラミラクルラブストーリー」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2009/6/17

    ホワイトボードに一日の行動が記されている薄暗い部屋。目覚まし時計の音がいくつも鳴る。
    陽人はちょっと脳ミソが変(知恵遅れ気味)な青年のようで.......。
    そんな陽人がワケありでやって来た、町子先生という1人の女性に恋をして..........。

    ある日陽人はキャベツの気持ちを知りたいと思ったのか、予告にもあったけど、顔だけ出してキャベツみたく埋まってた~ぁ。
    それを手伝ったガキが、またそこへ農薬をまいたもんだから、陽人は翌日病院のベッドの上!!
    ところが農薬を浴びたことによって陽人は少しまともになる。

    町子先生に今のぼくと前の僕ではどちらが好きかと聞いたら、今の方が好きだと言われたことで陽人は自らまた農薬シャワーを浴びる。
    そんなことしてたら身体が普通でいるわけもなく...........。
    でも町子先生に好かれたい。町子先生と一緒にいたい。だからぼくは、脳みそなくても心臓止まっても死なない!って!!

    1度は死んじゃうんですよ。でもなぜか生きかえります。
    そして2度目は散歩中にクマに間違えられ、鉄砲で撃たれ今度こそTHE END!!
    で、なぜかこんなに小さかったと、町子先生がお母さんから手渡されたのが、陽人の脳みそ。
    そして町子先生と子供たちが山の中を散歩中、一休みしてハンカチ落としならぬ脳みそ落としで遊んでる~~~~ぅ。
    そこへガサゴソ............町子先生はいきなり陽人の脳みそを取り出し..................最後はちょっとショックです。

    そうそう、町子先生の元カレは別の彼女と車に乗ってて事故にあって亡くなっちゃったんですが、そのとき首だけがどこかに飛んでっちゃって見つからなかったとか!?
    で、なぜか陽人の前にその元カレが、首なしで現れます。
    笑っちゃいます。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2009/6/14

    これは、マツケンの映画ですね。津軽弁ですが、マツケンのだけが分からない。字幕を入れて欲しい(笑)。他の出演者の津軽弁は分かってしまう。これはリアリズムから言うとオカシイので、本来は出演者一人一人に方言指導者が付いて欲しい。子供たちは”素”で登場しているので良いよ。
    ストーリーはマツケン演じる知的障害者に感情移入できるかどうかで決まりますね。我々が他の出演者の津軽弁がオカシイと思う程度にマツケンの障害者もオカシイのかもしれない。その世界を許容できるかどうかでしょう。
    久美子姫は、登場したては他の作品同様に、寡黙で低い声の薄幸のヒロインを演じているけれど、後半高い声になって来るとテンションが上がって、コミカルな演技になる。こちらの方が私は好き!大人しいだけの日本女性では、ちょっと詰まらないですね。もっとはじけて欲しい。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告