マン・オン・ワイヤー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マン・オン・ワイヤー

2009年6月13日公開,95分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

危険な綱渡りに挑んだフランスの大道芸人の姿を描いた、第81回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞作。当時のフィルムや、再現ドラマによって、挑戦の真意を解き明かす。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

いまはなきNYの超高層ビル、ワールド・トレード・センター。1974年、フランス人の若き大道芸人、フィリップ・プティは世界一高い2つのビルに綱を渡し、命綱なしで、地上110階、高さ411mという高度での綱渡りに挑む。

作品データ

原題
MAN ON WIRE
製作年
2008年
製作国
イギリス
配給
エスパース・サロウ
上映時間
95分

[c]Wall to Wall (Egypt) Ltd/UK Film Council 2007 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    seapoint

    4.0
    2009/6/30

    F.プティに恐怖はないのだろうか?一度、綱を渡り始めたら、そこはもう彼の独占場。空と自分が分かち合うようにその空間を楽しみ、共有しているのだ。
    彼にとっては綱わたりをすることは、大事件でもないかのよう。その前の準備がいかに大変かっ!をこのドキュメンタリーは謳っているかのよう。ツインタワーを渡っている姿を真正面から写すカメラはそれがいかに驚異的なことか忘れさせてしまうくらいプティの綱渡りは楽しんでいるように伺える。しかし真上から撮った姿に卒倒しそうだ。超人とは、こういうことを言うのかっ!「

    違反報告