ボルト|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ボルト

2009年8月1日公開,96分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「WALL・E ウォーリー」のジョン・ラセター製作総指揮によるハートウォーミング・ムービー。テレビの世界を現実と信じているスター犬が飼い主の少女との絆を再確認する旅を繰り広げる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

幼い頃に出会った少女ペニーを守るため、特殊な力を駆使して悪者と戦うスーパー・ドッグ、ボルト。ある日、ハプニングでNYへと送られた彼は、これまでの出来事がテレビの中でのものだと知るが、ペニーとの絆を再確認する旅に出ることに。

作品データ

原題
BOLT
製作年
2008年
製作国
アメリカ
配給
ディズニー
上映時間
96分

[c]Disney Enterprises, Inc. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    McCOY

    4.0
    2009/8/20

    レディースデーでしたが、さすが夏休み、周りはお子さん連れのお母さんがほとんど。こういった子供向けの作品を観る機会はあまりないんですが、予告編もそちら系のものばっかりだったのに驚き、そしてナルホド。20世●●年の予告なんて血噴き出たりしてるもんねえ……。

    冒頭の迫力ある映像にまず圧倒されます。スーパードッグ・ボルトの特殊能力はすべてドラマを制作するスタッフたちの仕掛けていることですが、子役の運動神経はCGじゃないのか?? 彼女もかなりスーパーだと思うんですが。

    お話は、いちおうお子さん対象ということでわかりやすいです。解決が甘いかなと感じる部分もありましたけど、日常のなかでつい忘れがちになる大切なことを思いださせてくれるという意味では、大人の鑑賞に十分耐えうる作品でした。ていうか、このお話で感動して泣くのはある程度大人でしょう(笑)。筋立てに凝るあまり生じうる矛盾も皆無、登場するキャラクターたちも悪い人は悪い人なりに筋が通っているのに好感が持てました。

    吹き替え版でしたが、役者さんたちの実力を再認識できたのもよかったです。とくに、意外といっては失礼ですが天野さんが素晴らしかった。あと日本語訳が上手かったなあ。最初のほうでボルトの首輪の名札がちゃんと「ボ ル ト」とカタカナだったのに笑いました。後半は全部「BOLT」でしたね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2009/8/5

    TVドラマの世界を現実と思い込まされて育ったタレント犬ボルトと、嘗て飼い主に置き去りにされた辛い過去を持つ爪を抜かれたミトンズ。
    この対照的な二匹のやり取りがとても可笑しいのですが、ここに加わるのが、TVっ子のハムスター。

    当然、ハムスターがルックス的にもキャラ的にもおとぼけ系・・な筈なのですが、このハムスター、中々侮れないです。

    勇気は有るし、器用だし、志が尊いし、真っ直ぐだし、凄いスピードで走る(・・ボールを転がす?)。

    意外と要所要所で活躍してくれます。

    おとぼけ役は、本人はスーパードッグだと信じている主人公犬のボルトですね。

    犬らしくないボルトが、少しずつ犬らしくなって行き、お約束のスーパードッグらしさも発揮した後めでたしめでたしのディズニー映画ですが、子役のペニーとママの選択が、残念でしたねぇ。
    今後の活躍を期待しているファンも多いでしょうに・・

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2009/7/17

    映画が始まる前に、カーズの都会版みたいな短編映画が流れてんですが、なんか面白かった~ぁ。
    あれカーズ2で、ちゃんと映画化してくださいよ~~って感じでした。

    で、今日の映画は...........。
    予習なしで観に行ったもんですから、ボルトはサイボーグかいっ!? いや映画俳優!? 誰かが泣ける映画とも言ってたけど、いったいどんな映画なんだ~って。

    ボルトはドラマの世界を、現実だと信じ込まされていたんですね。
    ある日ボルトが外の世界に飛び出した時、ドラマのような力が出ないのは、発砲スチロールに力を奪われたと思ったところは笑っちゃいました。
    黒猫のミトンズは生意気な女の子なんですが、ボルトと一緒に過ごす内に変化していき、とてもチャーミングでした。
    ハムスターのライノはヒーローおたくで、球状のカプセルに入っているのはなんか不思議!!
    でもアメリカでは事故防止の為、よく入れるらしい。へ~ぇ。
    そんな3匹の冒険が、とても楽しく面白かったです。

    で、最後はボルトが現実を知り、事故に巻き込まれたペニーを助けるんですが、その事故がまたなんでみんなそそくさと逃げちゃうのって!!
    助かったらあのマネエジャーの態度は何!! 金儲けのことしか.......。
    そりゃ~普通の女の子、普通の犬に戻るわ~~~~って。
    でもそれも、すんなりその生活に溶け込めたのも、ミトンズのおかげかな!?
    ハッピー!!

    エンディングで「同じ空を見上げてる」がかかると思ったんですが、字幕版だったのかその曲は流れませんでした。
    吹替版のみ???

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告