ココ・シャネル|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ココ・シャネル

2009年8月8日公開,138分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

世界に名を馳せるデザイナーの生きざまを、名優シャーリー・マクレーンが熱演。ファッションへの野心と才気あふれるカリスマ性に加え、愛に生きた女性としての姿も胸に迫る。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1954年のパリ。15年ぶりの復帰コレクションを発表したココ・シャネル。だがコレクションは不評に終わり、ココは落胆する。彼女は、孤児からお針子となり、デザイナーとしての地位を築いた日々を回想しながら再起を誓う。

作品データ

原題
COCO CHANEL
製作年
2008年
製作国
アメリカ イタリア フランス
配給
ピックス
上映時間
138分

[c]2008 ALCHEMY/PIX ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    keicyacom

    4.0
    2009/9/22

    不遇の子供時代を経て、お針子をしているうちに、お金持ちに見初められるシャネル。しかし、その家を出て、自立することを決意する。

    映画ではわからないような苦労を経て、その地位を築いたのだろうが、彼女が才能を開花させるために、出会った男性の力を借りたのも拒めない。

    彼女の伝記映画としても、ラブストーリーとしても楽しめる映画でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    4.0
    2009/8/24

    孤児から世界に名の知れた人物になるとは、誰が想像したであろう。しかも女性の衣類に“開放”をもたらし、彼女のスタイルは元より、生き方に憧れる多くの女性がいるであろう。生い立ちは不運であったけれど、手に職を持つというのは天性だった。同時に運命を支える二人の男性との出会い、そしてそこから生まれたチャンスもしっかり自分の人生に育んだシャネル。まさしく自分のスタイルを自分で作った人なり。あっぱれ!

    違反報告
  • rikoriko2255

    澄麗

    3.0
    2009/8/19

    ブロードウェイミュージカル「COCO」の映画化作品。

    70歳のシャネルを演じたシャーリー・マクレーンの貫禄がスゴイです。

    来月公開の「ココ・アヴァン・シャネル」は伝記物らしい。
    比べてみるのも楽しいかも^^

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2009/8/17

    何と言っても、やはりシャネルのデザインは素敵。


    私もレースやリボンが大好きで、集めちゃうし、帽子や洋服を手作りするので、病み付きになるその楽しさ、解ります。そこに評価がついて来たら、それはもうたまりませんね。

    女性は、こう!と決まった時代に、そこから飛び出した、シャネル。
    良い友人、パトロンに恵まれたのもラッキーですが、女性が求める物を良く解っていますよね。
    そして、時代や逆境を味方に付けるのが上手い。
    不幸な過去のお陰かもしれません。
    敵も多かったでしょうけど。

    今と違って、仕事も恋も両方大成させるのは難しい時代でしたね。

    シャネルへの憧れは益々募りますし、お洒落したくなるし、久し振りに帽子を作りたくなりました。

    復帰第一回目が失敗に終わり、数々の不運を懐古しながら、過去のクライマックスが丁度今の正念場重なる作りも自然で上手いです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告