20世紀少年 最終章 ぼくらの旗のレビュー・感想・ネタバレ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU

20世紀少年 最終章 ぼくらの旗のレビュー・感想・ネタバレ・評価

2009年8月29日公開,155分

ユーザーレビュー

3.3
  • あちゃぺ

    3
    2015/9/10

    「ともだち」の正体…、「ともだち」が出来上がった訳…、ケンヂの罪…。
    映画の中の謎がすべて解かれて、安心できた。ラストシーンはそれまでのど派手サスペンスが嘘のような、癒しのシーンで終わります。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 刹那

    3
    2011/1/21

    作品の舞台にもなった万博公園は好きな場所なので親近感が湧いたり、所々で出てくる漫画のパロディーに懐かしく感じたり、子供時代に思い描いた事を良くも悪くも形に出来るって凄い事だなと思えた作品でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • Agrostemma

    2
    2009/12/21

    漫画本は未読です。漫画本が原案であることに抵抗があるわけでも、SFに抵抗があるわけでもありません。けれど、物語のノリに付いていけませんでした。

    おそらく作者自身の子供時代を元にしているのでしょう。ケンヂの少年時代のリアリティに比べ、未来があまりに突拍子なく、観ていて冷めます。ロボットや群衆シーンに使われるCGが雑で、そこだけ浮き立つ様な違和感があり、それが余計につまらなさを助長します。

    子供が考えた他愛無い妄想を現実化したからこそ、稚拙な展開だと感じてしまうのかもしれません。ケンヂとカンナはヒーローだからこそ、中途半端な銃弾に倒れる事なく、ピンチの時にはタイミング良く登場するのかもしれません。けれど、ヒーロー物お決まりの展開と常人離れした運に嫌悪感が募るばかりで、映画の内容云々よりも「結局は原作を知らないと面白くないのかなぁ」という結論に至ってしまいます。

    第1章の登場人物と世界観の丁寧な設定説明に魅力を感じ、次回作を期待していましたが、煮え切らない形で終わってしまったことが残念です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 色師

    3
    2009/12/5

    う~ん、こんなものですか?

    何か、もっと期待してしまいました。

    豊川悦治さんは、相変わらずカッコいいし、唐沢さんもいい味出してたけど、
    少し物足りない感は、ぬぐえませんでした。

    だって、待ちに待った、最終章ですもの。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ムム

    1
    2009/11/3

    3作通して、有名俳優からお笑い芸人まで、あちこちに色々な人が出ている。
    映画だから当たり前なのかもしれないが、
    このシリーズはなぜかイラッ、とさせられる出方が多い。。

    無理矢理こじつけたラストに、頭の中「???」で埋め尽くさされました。
    なんか唐突。ラスト以外にも唐突すぎることが多すぎて。

    マンガには、実写にして正解のものと、間違いのものがある。
    今回は、私には後者でした。
    実写にしたら面白そうだな~、という企画だけで終わらせて、
    夢を持たせた方が良かったんじゃないでしょうか??

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ふぉれすた

    2
    2009/10/31

    マトリックスのときにも思ったのですが、1作目、2作目ではどんどん物語を展開させます。(仕方ないのですが)どうしても最終編では、新しく展開するのではなく収束方向へ向かっていく・・・。

    映像的には1作、2作、3作目と徐々に年老いていく役者たちのメークには感心しましたし、巨大ロボット達も良かったと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • E-DOM

    5
    2009/10/29

    長い!
    その割に相変わらず細切れエピソードの羅列になってて、タメとか余韻とかが無い作品だなあ、と観ながら思ってました。期待の小泉響子は全然活躍しないし。でも、それもエンドロール後のエピローグ(?)を観るまで。

    最後の最後にあんなにしっとりしたドラマを持ってくるとは。
    その配役も含めて脱帽。

    この10分だけで、長ーーーーーかった三部作の全ての不満点を引っ繰り返すほどのインパクトがありました。恐れ入りました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • カズマン

    4
    2009/10/25

    第1章、第2章は映画館では見れませんでした。テレビやDVDで見たので最終章も気になるよね・・くらいな気持ちで見に行きました。
    正直・・人が血を噴出したりして死んだりするシーンが苦手だったし。友達の正体がわかり・・戦って終わるくらいにしか思っていませんでした。


    映画を見終わって・・友達の正体もわかりすっきりしました(笑)
    最後のシーンがとても良かったです。たぶん、みんな似たような思いを経験しているんじゃないかと思います。
    映画みたいにやり直せないけれど・・だから彼の姿に私は暖かい気持ちになれたのかもしれません。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • sion

    2
    2009/10/25

    ようやく原作を読んでから観ました。
    過去の2作よりはマシに観えたのですが、気のせいでしょうか。
    最後の20分くらい(くだらないバイクの転倒シーンより後)は、割りと楽しめました。

    大部分が気に入らないのですが、特に気に入らない箇所を挙げます。

    第三位
    街中から現れた巨大ロボットが、何もない広大な草むらを歩く。

    第二位
    「潜伏期間は12時間」というウィルスの入った液体をかぶった人が、即時に血を吐いて倒れる。

    第一位
    ケンヂが生き延びた理由が「操縦席がシェルターになっていた」とか言っていた。
    吹き飛ばされて落下、衝突した衝撃も「シェルター」だったから大丈夫ということか?
    突っ込みきれない説明なら、しない方がマシ。尺の無駄。


    とはいえ、原作を読むと、あのボリュームを2時間に収めるのは難しい作業だったと考えられるので、まあ、仕方ないなと思いました。
    やっぱり、いろいろな人たちの思惑が交錯した中で、迷走しながらできた映画のようですね。
    ある意味、日テレ開局55年記念にふさわしい出来でした。

    原作を読んだ人は、エンドロール後だけは見たほうがいいと思います。あざとい上にストーリー上は救いはないのですが....。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 清水の伏竜.

    3
    2009/10/22

    3部作、それなりに楽しめました。
    まあまあな出来栄えになっていたと思います。タイムパラドックス的な要素を入れたわりに消化し切れなかった感じはありますが、まあこんなのもありでしょう。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
1/7