新チェーンヒート 戦慄の女刑務所|MOVIE WALKER PRESS
MENU

新チェーンヒート 戦慄の女刑務所

1992年5月23日公開,0分
  • 上映館を探す

女囚となった恋人を救おうとするヤクザ男の悪戦苦闘を描いたヴァイオレンス・アクション。監督はボビー・ヒューストン、製作はテリー・カーンとエド・エルバートとグレゴリー・ヴァンガー、エグゼクティヴ・プロデューサーはローレンス・ヴァンガーとマーティン・バラブ、脚本はボビー・ヒューストンとリサ・サットン、原案はヒューストンとエド・エルバートとテリー・カーン、撮影はアラン・カーン、音楽はトビー・フィッチが担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

飲酒運転とコンビニ強盗の罪で6ヵ月の刑期を終えたトミー(デイヴィッド・キース)は恋人のクリッシー(クリステン・クローク)の元に戻って来た。トミーはクリッシーにプロポーズし、2人はさっそく街に結婚指輸を買いに行く。宝石店主の侮辱的な態度に腹を立てたトミーは拳銃を手に店に戻るが、逆にガードマンに撃たれてしまった。2人は車で逃走するが、クリッシーだけが捕まって女性刑務所に送られてしまう。収容者のほとんどがサイコ、殺人者、過激な同性愛者でクリッシーは狙われる。トミーはクリッシーを助けるため交通事故で死んだ新任所長へイズ(レイ・シャーキー)になりすまし、刑務所に潜入する。次期所長を狙う副所長チャールズ夫人(デボラ・メイ)は新任所長に疑問を持ち、偽者であることを突き止める。クリッシーが警備主任に襲われたことを契機に所内は暴動寸前となり、トミーはクリッシーを連れ出し、助けようとするがチャールズ夫人が2人の前に立ちふさがる。トミーはチャールズ夫人と対決をし、勝利を得る。そして、2人は刑務所を出て行くのであった。

作品データ

原題
Hotel Oklahoma
製作年
1991年
製作国
アメリカ
配給
日本ヘラルド映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?