ジェラルディン・レアードの運:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ジェラルディン・レアードの運
ジェラルディン・レアードの運

ジェラルディン・レアードの運

1920年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

キャスリーン・ノーリス女史の原作を「開拓の勇者」等の監督者エドワード・スローマン氏が監督したベシー・バリスケール嬢主演の社会劇で、嬢は2人の児の母として家庭を愛する婦人ジェラルディン・レアードに扮している。彼女の夫ディーンがポーラという女に迷い、劇作家たらんとしてニューヨークに走ってから、ジェラルディンも都に出で、女優として成功を博する。そしてディーンがついに失敗したところを、妻と我子に廻り会って再び昔の楽しい家庭を作るに至るという、嬢得意の家庭劇ともいうべき筋である、「女の一生」に出演したナイルス・ウェルチ氏が相手である。「血の力」や「黄泉の国へ」で観者の涙を催った名小役メアリー・ジェーン・アーヴィング嬢も出演する。

作品データ

原題
The Luck of Geraldine Laird
製作年
1920年
製作国
アメリカ
配給
国活
上映時間
0分
製作会社
ロバートスン・コール映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?