ジャック・ストロウ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ジャック・ストロウ

1920年公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

W・サマセット・モーム原作の同名の舞台喜劇を、ウィリアム・C・デミルが監督したもので、主役は「暗中飛躍」などに出演のロバート・ワーウィックで、新顔のカロール・マッコマスが相手である。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ジャック・ストロウは氷屋の配達人であったが、ジェニングス家の娘エセルには熱い恋を捧げていた。彼が卑しい身分であるから、勿論エセルの母は彼に何の注意も払わない。払わないどころか、時には彼が娘の近くに来ることに激しい反対をしたが、娘を想う母として、また門地に憧れる虚栄心高い女として、これは無理からぬ話である。しかしジャックは生まれながらの氷屋ではなかった。ポメラニア国の大使が来た時、ジャックが実は行方不明になっていた大公の嗣子であることが分かった。昨日に変わる今日の得意、ジャックはエセルの母から迎えられて、晴れて嬉しい華燭の典は挙げられた。

作品データ

原題
Jack Straw
製作年
1920年
製作国
アメリカ
配給
日活輸入
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?