女難襲来:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
女難襲来
女難襲来

女難襲来

1925年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

エルマー・デイヴィス氏の同名の小説からハーヴェイ・シュウ氏が脚色し「無鉄砲時代」「おお、先生」と同じくハリー・ポラード氏が監督し、レジノールド・デニー氏が主演した喜活劇で「荒馬の天下」「木ッ葉微塵」等出演のマリアン・ニクソン嬢「拳闘王」「離婚」等出演のマーガレット・リヴィングストーン嬢「楽園の美神」「経験(1921)」等出演のリリアン・タッシュマン嬢等の花形達が助演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

若い教授アレック・デュプリーは著書の執筆を中止しなければならぬ破目になった。一人の友人は妻の事を頼んだ、従妹はその友人の事を頼んだ、そうして彼は更に金持ちの後家の機嫌を取らねばなかった、彼の大学の財政窮乏を救ってもらうために。彼は従妹の友人ヘーゼルに惚れた。しかしヘーゼルばかりを構っているわけにいかなかった。そこへさらに夫が虐待するから助けてくれといってルシルという女が彼の所に押しかけてきた。彼はこの四人の女を一時に背負い込んで途方に暮れた。妻に逃げられた男の怒りを買ったし、妻を託した友人も誤解した。ここに図らずも大騒動が持ち上がる。しかし結局色んないきさつもそれぞれかたが付いてアレックはヘーゼルに結婚を申し込む。

作品データ

原題
I'll Show You The Town
製作年
1925年
製作国
アメリカ
配給
ユニヴァーサル
上映時間
0分
製作会社
ユ社ジウエル映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?