母なる証明|MOVIE WALKER PRESS
MENU

母なる証明

2009年10月31日公開,129分
PG12
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「殺人の追憶」のポン・ジュノ監督が、兵役から復帰したウォンビンを起用したミステリー。殺人事件の容疑者にされた息子を救おうと真犯人を追う母親の姿を描く力作だ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある日、静かな街で凄惨な殺人事件が発生する。事件の容疑者としてトジュンという青年が浮かび上がり、彼は身柄を拘束される。だが、無実を信じる母親は息子の疑惑を晴らすため、真犯人を探すべく奔走することに。

作品データ

原題
마더
映倫区分
PG12
製作年
2009年
製作国
韓国
配給
ビターズ・エンド
上映時間
129分

[c]2009 CJ ENTERTAINMENT INC. & BARUNSON CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.7
  • rikoriko2255

    ryookie

    4.8
    2020/4/3

    ポンジュノの中では少々地味な印象の 作品であるが、いやいやどうして大傑作。 ちなみにこの監督の作品にはいつも知的障害者またはそれに近い登場人物が出てくるが、決してマイナスイメージでは無くひたすら純粋無垢な魂として描かれている点が共通していて、監督の優しい眼差しが感じられる。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    ちょっと見てるだけ

    4.0
    2009/11/1

    これが現在の韓国なの?と思う 韓国との文化の違いがつかめない 色々なシーンの断片が、韓国人にとって、日常なのか、冗談なのかが判らないのが少し悔しい 何れにしろ、今の自分の生活環境とは、全く異なる世界なのだが、心配しなくても大丈夫 ボン・ジュノ監督は冒頭のシーンからその世界へ引きずり込んでくれる 主演のキム・ヘジャは時々見かけるが、ドラマを見たことがないのであまりよく知らない この映画で強烈な印象を受けた 彼女の目力にはたじたじになる ウォンビンも「秋の童話」しか知らないのだが、まるで若返って別人になったようにしか見えず、うまい 想像どおりには進んでくれない脚本にも好感を持った やっぱり異文化は刺激的で魅力的だ 

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告