人間失格(2009)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

人間失格(2009)

2010年2月20日公開,134分
  • 上映館を探す

2009年に生誕100年を迎えた文豪・太宰治の代表作で、自叙伝とも言われる同名作を生田斗真主演で映画化。酒に溺れ、破滅していく主人公とそんな彼に惹かれる女たちとの物語。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

津軽から上京し、高等学校に入学した葉蔵は、同じ画塾に通う6つ年上の堀木に誘われ、BARに足を踏み入れる。やがて、酒と女に溺れるようになった彼は、カフェの女給・常子に自分と同じような寂しさを感じ、心中を図る。

作品データ

製作年
2009年
製作国
日本
配給
角川映画
上映時間
134分

[c]2009「人間失格」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.8
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2010/3/3

    ベテラン俳優たちが、新人を暖かく迎える映画はよくある。しかし、寺島しのぶ/石原さとみ/小池栄子/坂井真紀に取り囲まれる男の気持ちはいかがなものか。ついには、大御所とも言える三田佳子とのラブシーンまであって・・・。これは役者冥利に尽きるとか云う問題以上に、今後この生田斗真が、どう育って行くんだろうか、とちょっと心配になる。 これで、昨年からの太宰三部作は全部観たことになる。『パンドラの匣』の染谷将太と仲里依紗はういういしく、『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ 』の浅野忠信と松たか子はベテランの味があり、そして、この作品。女たちの中に放り込まれた放蕩息子宜しく、それなりの苦悩、貴重な体験を積んだと思われる生田斗真の今後に期待。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    3.0
    2010/3/1

    脚本は×。話の展開や演出はせいぜい星2つ。けれど男性若手俳優陣、各世代のトップ女優の演技を見る楽しみで星3つ。 脚本は、原作に描かれているエピソードをただ表面的に(かつ、かなり端折って)並べただけで、大庭の屈折した自意識にも、それに女性が惹かれていく様子にも全くリアリティが無い。はじめから性格描写を避け、映像美と大庭を演じた生田斗真のルックスでごまかそうとしているようにしか見えない。 その環境の中での生田斗真さんの健闘はすばらしいし、堀木を演じた伊勢谷友介さんの演技も(賛否両論あるでしょうが)芝居の世界にリアリティーを与えていた。原作には無い中原中也の登場も、結果的に、リアリティーを欠いた主人公の描写を大いに埋め合わせていた。石橋蓮司さんの存在感は言わずもがな。 一方女優陣は、20代から○十代までの第一線の女優さん達が、露骨な濡れ場抜き(または濡れ場ゼロ)で色気を競う演技対決。結果的には見事な年功序列で、三田佳子さんの圧勝(単に出番が多いというだけでなく佇まいの存在感からして)、次点は室井滋さん。少ない出番にも関わらず若手とは一線を画す存在感。一方、近年いろんな賞を取り続けている寺島しのぶさんですが、地味な芝居での表現力は今ひとつのようで、石原さとみさんにも、追い越されかねない印象を受けました。 有名女優陣の演技比較は楽しかったですが、脚本作りの安直さはいただけない一本。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    toku69

    2.0
    2010/2/9

    プレミア試写会に行きました。 寺島しのぶさん以外の主要人物が勢ぞろいで豪華でした。 で作品ですが・・ 知的(なんだよね)太宰作品なので、メリハリあるわけでもないので、申し訳ないが、途中コックリしちゃったり。 試写会じゃなきゃ観なかったと思いますが、 生田斗真くんの飄々した葉蔵は、よかったと思います。 もし自分が女で、葉蔵と出会っても、絶対コイツには堕ちません!と思うけど、実際だったら違うのかな。 あと、伊勢谷演じる堀木は何なんだ?という印象、というか最悪です。 残念なのは、冒頭の幼少期の葉蔵が「生まれてすみません」という件が、いきなりなので、なぜ「この台詞」に至ったかも描いてほしかったです。 正直、個人的にはオススメ作品ではありません。 これは作品のせいではなく、個人的に合わなかっただけ(だと思う)ですので悪しからず。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    2.0
    2010/2/8

    なんか暗い、切ない人生!! 資産家の家に生まれたから??? 人との付き合い方がわからないから??? 自分が何のために生きているのか、何をしたいのかがわからないような.............。 でもって何度も自殺を試みるも死ねなくて............。 有名どころがいっぱい出てるわりには、暗い内容、暗い画面のせいか、睡魔も襲ってきました。 最後、生田斗真に近寄っていく三田佳子が、なんかキモくも感じました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告