狼の死刑宣告|MOVIE WALKER PRESS
MENU

狼の死刑宣告

2009年10月10日公開,106分
R15+
  • 上映館を探す

「ソウ」のジェームズ・ワン監督による壮絶なる復讐劇。愛する息子を殺され、温和な父親から一変し、恨みを爆発させる主人公をケビン・ベーコンが体当たりの演技で見せる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アイスホッケー選手として将来を嘱望される息子を持つニック。彼の幸せな日々はある日、突然壊されてしまう。息子が試合の帰りにギャングの襲撃に遭い、殺されてしまったのだ。だが、犯人の刑は軽く、彼は自らの手で裁きを与えようとする。

作品データ

原題
DEATH SENTENCE
映倫区分
R15+
製作年
2007年
製作国
アメリカ
配給
ハピネット
上映時間
106分

[c]2007 HPE Rights, Inc. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.4
  • koni

    3
    2009/10/25

    『ソウ』監督っちゅうこってドキドキしましたが、映像的にはグロさは半減!良かった良かった。
    けど、犯罪者に対する視線は同じ。
    ありがちの復讐劇のようでおますが、犯罪を憎みながらもきっちりと復讐することの虚しさを映してくれちょります。

    また、会社ではリスク管理をしちょるにも関わらず、復讐後のリスクを図られんっちゅうところがリアルでおます。

    挟み込まれたニック家族の誕生日のビデオ映像に等身大の家族の姿をみ、復讐に走るニックに愛する者を失うた人間の弱さをみ、復讐心以外の全てを失うてもうたニックに悲しさをみました。
    ほんで、一番の見所はケビン・ベーコン!
    彼の良き家庭人としての笑顔、子を亡くした親の慟哭、更なる悲劇を招いてもうた後悔と悲しみの表情、ほんで、何よりも全てを失った後&ニックとの最後の対峙に見せる無機質な表情が見事♪満足でおます。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 3
    2009/10/21

    公明正大。それを地で行くニック。
    息子二人の幸せな家族。
    良い父親ですよね。理想的な人物。

    弟君はちょっとコンプレックスを感じていたみたいだけど、成長してそれは過去の話になっただろう・・

    そんな未来が突然に絶たれた。

    しかも、犯人を法で裁くには証拠が不充分。

    父親が取った行動を、誰が責められる?
    正しくは無くとも。

    ただ、残念なのは、家族をもっと早く避難させて置くべきだったわね・・

    父親も何かスポーツをしていた・・と匂わせていたけれど、そのせいなのか、とんでもない身体能力。

    父子の最後の会話が切ない・・

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • あろはどりーむ

    2
    2009/10/18

    SAWの監督だけあってアクションシーンの残酷描写はお手の物、
    言い方はおかしいかもしれないが美しく出来ていた。

    ただそれだけ。
    果てしなくドンパチが続き、観終わった残るのは疲労感。
    復讐からは何も生まれない、
    と同時にこの映画を観たからといって
    何も自分の中には生まれなかった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告