てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡|MOVIE WALKER PRESS
MENU

てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡

2010年4月24日公開,120分
  • 上映館を探す

世界で初めて養殖サンゴの移植・産卵を成功させた男とその妻の実話を映画化した感動作。知識や資金がなくとも、幾度の苦難にもめげず、夢に向かって突き進む主人公を岡村隆史が熱演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

故郷・沖縄へ戻ってきた健司は、沖縄の海で多くのサンゴ礁が死滅している事実を知る。もう一度美しいサンゴの海を妻に見せたいと思った彼は、すべてを投げ捨てて、サンゴを養殖し移植するという途方もない作業に挑む。

作品データ

製作年
2010年
製作国
日本
配給
ショウゲート
上映時間
120分

[c]2010「てぃだかんかん」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3
  • ほし★ママ。

    4
    2012/1/8

    学者でもない一般の方が
    世界中で誰もできなかったことを
    成し遂げるまでのサクセスストーリー。
    実話に基づいていると聞けば
    何となく感動の構図がわかっているような~

    でも、実際には海で生きている(!)珊瑚を見た事がないし
    まして、生き物と言う確信もないような知識でしたので
    かなり期待もして、試写会に参加させていただきました。

    母親から「欠陥品」呼ばわりされている健司は
    沖縄の海が変っていく様子を憂いて
    サンゴを人口に育て、海に移植を始めます。
    小さい頃から、健司を理解している妻はもちろん
    その人柄から多くの協力者を得るのですが~

    成功を見届けた瞬間、狂喜乱舞する仲間たちの中で
    白い歯を見せて静かに微笑むだけ~
    健司役の岡村さんのその場面の演技が心に残りました。
    明るくて元気な沖縄のおばちゃん~
    お母さん役の原田美枝子さんもすごく良かった!

    全体に流れているcobaさんの音楽もステキ!
    沖縄の海は碧く、漁船の迫力がすごいです。

    ただ、成功までの道のりで待ち受ける困難が
    ドキュメンタリー風の演出で
    起こった事が順に語られるのですが
    そこにメリハリがないというか
    同じような小ずるそうな中年の男性の登場ばかりで。

    そこをもっとドラマチックに演出するか
    ひとつひとつの事件を回ごとに語る
    連続ドラマのほうが、より感動が味わえた気がします。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • こじ

    4
    2011/8/31

    岡村さんをキャスティングした監督がすごいと思います。
    言い方があれですけど、あまり演技が上手くないところが作品の優しさを引き立てているようです。

    右往左往しながらサンゴの養殖を目指す、心温まるストーリーです。
    沖縄好きにはたまらん。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • wacha

    4
    2011/8/8

    欲を言えば。。方言が沖縄の味を出すつもりなら・・。やはり沖縄の人が配役のがよかったのかも。無理があるな~~。作品は普通に楽しくみれました。見てよかったとおもいます。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告