GANTZ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
GANTZ
GANTZ

GANTZ

2011年1月29日公開、128分、SF/ファンタジー
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

週刊ヤングジャンプに連載中の奥浩哉のSFアクション・コミックを二宮和也&松山ケンイチ主演で実写映画化。謎の球体“GANTZ”に召還され、生きて元の世界へ戻るために星人と呼ばれる生命体との戦いを強いられる人々の姿を描く。原作同様、仏像やロボットなど奇怪な風貌をした“星人”が登場し、彼らとの壮絶バトルが展開する。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

線路に転落した酔っ払いを助けようとして、地下鉄にひかれてしまった玄野と加藤。次の瞬間、2人は見知らぬマンションの一室に送られるが、そこには彼らと同じように“死んだはずの人々”が集められていた。リビングの中央には“GANTZ”と呼ばれる謎の黒い球体が置かれ、彼らはその球体から出されるミッションを遂行することに。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2010年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
128分
製作会社
「GANTZ」FILM PARTNERS(日本テレビ=集英社=東宝)
ジャンル
SFファンタジー

[c]2011「GANTZ」FILM PARTNERS. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.3 /17件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?