カラヴァッジョ 天才画家の光と影|MOVIE WALKER PRESS
MENU

カラヴァッジョ 天才画家の光と影

2010年2月13日公開,133分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

16世紀のイタリアを代表する天才画家カラヴァッジョ。愛に情熱的で信念を貫き通す、そんな彼のローマ、ナポリ、シチリアなどイタリア流転の人生をドラマチックに描き出す。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

恋焦がれるコロンナ侯爵夫人の支援で芸術の都ローマへやってきた画家のカラヴァッジョ。やがて枢機卿デル・モンテに気に入られ、援助を受けるようになった彼は、高級娼婦フィリデと愛し合い、彼女の絵を描くように。

作品データ

原題
Caravaggio
製作年
2007年
製作国
イタリア フランス スペイン ドイツ
配給
東京テアトル(提供 東京テアトル=ポニーキャニオン)
上映時間
133分

[c]2007 RAI FICTION - TITANIA PRODUZIONI - INSTITUT DEL CINEMA CATALA'- EOS ENTERTAINMENT - GTM PRODUCTIONS [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2018/8/29

    バロック絵画の先駆者として名高い画家、カラヴァッジョの生涯を描く歴史ドラマ。才能に溢れた人だったが気性の荒さからトラブルが多い人生を送る。その才能がわかる人には守られ、そうじゃない人には突き放され、山あり谷あり。人殺しで悪いイメージあったけどあれは怒るなー、だから良いって訳ではないけど気持ちはわかった。絵画が動いてるような映像が綺麗だった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2010/2/17

    まるで本物のような絵を描く画家ですよね。
    光の当たる場所をとても重要視している。
    それは闇〈=死〉に対するトラウマのようにも今作では描かれて居ます。

    彼はモデルを使うことで知られていますが、1986年にデレク・ジャーマン監督で映画化されていて、その時のモデルを若くて美しい頃のショーン・ビーンが演じているのが印象的。
    激しい気性で身を滅ぼして行くのですが、情熱的な彼は、魅力的ですねぇ。
    特に、侯爵夫人への忠誠的な愛や、幼い頃剣をくれた騎士への慕愛等。
    そして愛されていたのよね・・才能だけじゃなく。

    時代背景が『アラトリステ』と似ていて、その上音楽の使い方が時々『ロード・オブ・ザ・リング』を彷彿させて、とても興味深く見れました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告