METライブビューイング2009-2010 プッチーニ《トゥーランドット》|MOVIE WALKER PRESS
MENU

METライブビューイング2009-2010 プッチーニ《トゥーランドット》

2010年1月16日公開,184分
  • 上映館を探す

NYメトロポリタン歌劇場のオペラ公演をスクリーンで楽しむ“METライブビューイング”。伝説時代の中国を舞台に、冷徹な姫と放浪の王子の愛を描くプッチーニ最後のオペラ。多数の著名なアリアが聴きどころ。指揮はアンドリス・ネルソンス。演出は「永遠のマリア・カラス」など映画監督でもあるフランコ・ゼフィレッリ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

はるか昔、伝説上の中国。皇帝には、トゥーランドット(マリア・グレギーナ)という姫がいた。トゥーランドットは絶世の美女だったが、求婚してきた者に謎をかけ、それが解けなければ殺してしまうという冷徹な面を持っていた。ある夜、謎を解けなかった王子の処刑が行われようとしていた。群衆で混み合う広場に、放浪の王子カラフ(マルチェッロ・ジョルダーニ)が現われる。カラフはそこで、生き別れた王ティムール(サミュエル・レイミー)と召使の娘リュー(マリーナ・ポプラフスカヤ)の姿を見つける。しかし再会を喜ぶ間もなく、カリフはそこに現れたトゥーランドットの美しさに心を奪われる。カリフは、彼女の謎に挑む決意をする。宮廷の官吏ピン、パン、ポンや皇帝は、カラフに翻意を促す。しかし、カラフは彼女の謎を解き、翌朝までに自分の名前を調べるようにと、逆に謎を出す。捕らえられたリューは、名前を明かすよう責められ自殺する。しかし、リューの献身的な姿を目の当たりにしたトゥーランドットは、その凍てついた心に変化を生じ始めていた。有名な『誰も寝てはならぬ』は、第3幕で歌われる。

作品データ

原題
Turandot, Giacomo Puccini
製作年
2009年
製作国
アメリカ
配給
松竹
上映時間
184分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?