あしたのジョー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

あしたのジョー

2011年2月11日公開,131分
  • 上映館を探す

ボクシング漫画の金字塔として、幅広い層から支持を受ける「あしたのジョー」を山下智久&伊勢谷友介主演で実写映画化。昭和40年代を舞台に、ボクシングを通して不思議な絆で結ばれていく2人の男の姿を「ピンポン」の曽利文彦監督が描き出す。丈のトレーナー、段平に扮した香川照之の怪演にも注目だ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

昭和40年代の東京の下町。殺伐とした毎日を送る丈は元ボクサーの段平にボクサーとして見出されるが、問題を起こして少年院へ。そこで丈はプロボクサーの力石と運命的な出会いを果たす。一足先に少年院を出た力石はリングに復帰し連勝街道を驀進、丈は段平との特訓を経て人気ボクサーに昇りつめる。そして2人は拳を交えることに。

スタッフ

曽利文彦

監督

梶原一騎

原作

ちばてつや

原作

篠崎絵里子

脚本

宇多田ヒカル

主題歌

濱名一哉

エグゼクティブプロデューサー

伊與田英徳

企画

大原真人

アソシエイト・プロデューサー

渡辺敬介

アソシエイト・プロデューサー

葭原弓子

アソシエイト・プロデューサー

吉田浩二

ライン・プロデューサー

橋本桂二

撮影

石田健司

照明

佐々木尚

美術

松野忠雄

SFX/VFX/特撮

高橋哲也

音楽

北里玲二

音楽

中村淳

録音

副島宏司

助監督

坪内一

製作担当

竹岡実

製作担当

梅津正彦

ボクシング監修

渡辺香

製作

藤島ジュリーK.

製作

島谷能成

製作

服部洋

製作

吉羽治

製作

辰巳隆一

製作

羽雁彰

製作

遠藤和夫

製作

松田英紀 

製作

北山有一郎

製作

松本哲也

製作

坂本香

製作委員会

長松谷太郎

製作委員会

原藤一輝

製作委員会

森谷朋子

製作委員会

市川南

製作委員会

山内章弘

製作委員会

小野田光

製作委員会

白石統一郎

製作委員会

横山真二郎

製作委員会

石黒研三

製作委員会

赤羽秀

製作委員会

谷澤伸幸

製作委員会

針生雅行

製作委員会

高田洋一

製作委員会

井口真一

製作委員会

岩井正也

製作委員会

日高英雄

製作委員会

芝野昌之

製作委員会

谷紳一郎

製作委員会

柴田三穂子

製作委員会

伊藤司

製作委員会

岡崎剛之

製作委員会

横地晶子

製作委員会

安部正実

製作委員会

神野有可

製作委員会

武田信二

製作委員会

飯島雅宏

製作委員会

井上一茂

製作委員会

倉富清文

製作委員会

堤庄一郎

製作委員会

寺井到

製作委員会

山本文

製作委員会

杉崎友成

製作委員会

菊地健志

製作委員会

橋本吉史

製作委員会

小玉満

製作委員会

橋本能成

製作委員会

山根恒

製作委員会

前原健一郎

製作委員会

濱野祐司

製作委員会

作品データ

映倫区分
G
製作年
2010年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
131分

[c]2011 高森朝雄・ちばてつや/「あしたのジョー」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.7
  • rikoriko2255

    藤光

    4.0
    2011/10/14

    寺山修司の歌詞が胸に沁みる主題歌。香川照之と伊勢谷友介の良い仕事。足りないものは何かと問うても、よく分からないが、もともとジョーより力石の方が魅力的だったのだろう。原作への思いが強いと原作は、超えられへん。タイトル変えて、力石主役の映画にしたら良かったかも。そういえば、寺山修司は「力石徹のテーマ」も作詞してましたね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    じぇふりぃちゅうぶ

    1.0
    2011/2/23

    オリジナルの漫画とアニメはリアルタイムで観ていました。当然最初の実写版の映画も観ました。 最初の実写版も相当に原作を変えていました。つい最近DVDがまた発売されたので、興味の有る人は観て下さい。でもこちらの方が映画としては、よりマトモかも? 実写版の宇宙戦艦ヤマトは、リアルタイム世代としても納得出来ましたが、このジョーは駄目です。 泪橋と丹下拳闘クラブのセット、伊勢谷の身体造り、香川のコスプレ?は、実に見事でした。 但しジョーが山下では駄目です。彼は「クロサギ」の時から演技が少しも上手くなっていないし、マスクが甘過ぎです。あれではケンカ屋ジョーには見えません。 アニメ版のジョーの声優をやった当時のアイドルあおい輝彦はピッタリの声だったし、アイパッチをすればそのまま丹下段平?と思える様な藤岡重慶(故人)も素晴らしいハマり役でした。 映画は、脚本と役者。この実写版はその両方で駄目。 今回何故白木葉子の設定をあの様に変えたのか?そんな事をやっている時間が有れば、もっとジョーと力石との話に重点を置くべき。この脚本が一番の失敗原因でしょう。 ジョーの熱烈なファンとしては失敗作としか言えません。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2011/2/1

    山pも香里奈も演技下手(;一_一) ま~ぁ、そんなことわかってたんですけど.............。 丹下のオッサンも、最初はちょっとかるい感じに見えましたけど、観てみたらそうでもなかった。 でもやっぱもう少しドスがきいててほしかった~ぁ。 お話もコケるかと思いましたけど、こっちはなんとかうまくまとまってたみたいです。 それにしても伊勢谷の肉体美は凄かった~ぁ。 体脂肪3%(@_@;)まで!! 役者魂を感じたね。 山pの5%肉体美もいいけど、伊勢谷の3%はみんな釘づけになったんじゃ~ぁ。 検査のときの肉体は、超薄!! でもこれはいささか手を加えてあった感じでしたけど...................。 思ったより楽しめました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告