WORLD CLASSICS@CINEMA 映画館で楽しむオペラとバレエの世界紀行「オンディーヌ」|MOVIE WALKER PRESS
MENU
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • WORLD CLASSICS@CINEMA 映画館で楽しむオペラとバレエの世界紀行「オンディーヌ」

WORLD CLASSICS@CINEMA 映画館で楽しむオペラとバレエの世界紀行「オンディーヌ」

2010年4月3日公開,103分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ロイヤル・バレエが2009年に上演したヘンツェ作曲のバレエを映像化。人間に恋をした水の精オンディーヌの悲劇を描く。指揮は、バリー・ワーズワース。振付は、フレデリック・アシュトン。出演は、吉田都、エドワード・ワトソン。本作が当たり役と言われた吉田の表現力や、男性陣の華麗なテクニックが見どころ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

神秘の森で、水の精オンディーヌ(吉田都)が戯れていた。人間の騎士パレモン(エドワード・ワトソン)が、偶然そこを訪れる。オンディーヌの姿を目にしたパレモンは、一目で彼女に恋をする。こうして、2人は結ばれる。しかし、町にはパレモンを慕う女性がいた。パレモンは紆余曲折を経て、その女性と結婚してしまう。精霊の世界には、心変わりした相手の命を奪わなければならないという掟があった。

作品データ

原題
ONDINE,THE ROYAL BALLET,2009
製作年
2009年
製作国
イギリス
配給
ソニー
上映時間
103分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?