アンダーワールド 覚醒|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アンダーワールド 覚醒

2012年2月24日公開,88分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ケイト・ベッキンセールが美しいヴァンパイアに扮し、狼男の一族と壮絶な闘いを繰り広げる『アンダーワールド』シリーズ第4作。『シェルター』のスウェーデン人コンビ、マンス・マーリンド&ビョルン・ステインを監督に迎え、ヴァンパイア、狼男族、人間の三つ巴の戦いが、スタイリッシュなアクションシーン満載に描かれる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

捕らわれて冷凍保存されていたセリーンが12年間の眠りから甦る。その間もヴァンパイア族と狼男族の戦いは続いていたが、人間の存在が新たな脅威に。彼らは遺伝子改良で最強のモンスターを生み出そうとしていた。セリーンはかつての恋人マイケルが人間に捕らわれている事、そして自分の娘がどこかにいる事を知り、再び戦いに身を投じる。

作品データ

原題
Underworld Awakening
映倫区分
R15+
製作年
2012年
製作国
アメリカ
配給
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間
88分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    barney

    2.0
    2012/3/17

    予告とか見るとアクションあり~ので面白そうに思えるけど、吸血鬼と狼男の対決って感じで、そこへ欲深い人間が加わってって感じで、こんなもんか~ぁって感じ!?
    セリーンは不死身みたいだけど、打ち付けられるたびに痛々しそうで..................、かわいそうだった。
    結構グチャッ、ベチャッってところがあったんでR-15!!
    結局続くで終わっちゃうの~~~ぅ。あんまりシリーズ化しないでほしいわ!!

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2012/3/2

    古き時代から敵対する、バンパイア(吸血族)とライカン(狼男族)の果て無き闘争を描いたシリーズ第4作。孤高の狼男族キラー=女バンパイア処刑人セリーン(ケイト・ベッキンセールさん)の死闘が復活しました。第3作「ビギンズ」は、ルーツ話しだったのでケイトさんは、お休みしていました。
    本作では、バンパイア&ライカンの存在が人類に知られ“粛清”が始まって、セリーン(検体1号)もマイケル(検体0号)も捕われ冷凍されます。そして12年後に娘イブ(検体2号=セリーン捕獲時に取り出された胎児が育成されたらしい)の手で覚醒したところから展開がスタートします。
    このイブが話の鍵で、マイケル(バンパイアとライカンのハイブリッド体)+セリーン(バンパイアとライカンが分岐する前の始祖不死体直系)=イブ(スーパーハイブリッド体)であるため生体組成が“感染体治療薬開発”名目で狙われます。元来、バンパイア=陽光で焼失、ライカン=銀成分で壊死、という弱点設定があり、本作では両種族の特性は咬傷からの抗体感染で人類に伝播するという解釈が立てられました。イブはノーダメージのうえ驚異的なパワーを発揮し、肉体変化と感情(闘争心)を自由に制御できます。
    新薬開発ラボは隠れ蓑で、人類に上手に紛れ込んだライカン達が人類を操り、イブの抗体を手に入れ、銀壊死しない“スーパーライカン”を作りだして人類とバンパイアを殲滅するための拠点でした。
    記憶に無い娘イブの存在に葛藤しながらも“守るべきものを守る”ために人類&ライカンを向こうに回してセリーンの壮絶な闘いが繰り広げられます。
    冷凍器脱出時のケイトさんは、アンジーやミラとは違う“クールビューティー”に相応しいしなやかで美しく生命力に溢れたSEXYな裸身・肢体を見せてくれます。イブ役のインディア・アイズリーさんは本作初演ですが、往年の人気女優オリヴィア・ハッセーさんの愛娘で、母譲りのエキゾチックビューティーの本領発揮です。「バイオハザード」風味の作品になっていますが、クールビューティとエキゾチックビューティーの初共演だけでも必見の価値有りですし、今後の親子の絆を取り戻す闘いがどう展開するのか?ますます楽しみになる極上娯楽作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告