ノン、あるいは支配の空しい栄光:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ノン、あるいは支配の空しい栄光
ノン、あるいは支配の空しい栄光

ノン、あるいは支配の空しい栄光

2010年4月17日公開,110分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ポルトガルの詩人ルイス・ド・カモンイスの『ウス・ルジアダス』をベースに、各時代の英雄たちの戦いや死を通して、ポルトガルの栄光と敗北の歴史を描き出す。監督は、「夜顔」のマノエル・デ・オリヴェイラ。出演は、「階段通りの人々」のルイス・ミゲル・シントラ、「世界の始まりへの旅」のディオゴ・ドリア。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1974年春、アフリカの植民地戦争に参加しているポルトガルの兵士たちは、不毛な戦争について議論を始める。カブリタ少尉(ルイス・ミゲル・シントラ)は、ポルトガルの戦争の歴史を語り出す。紀元前2世紀、ローマ軍がルシタニアと呼ばれていた地方に侵略する。智勇に長けたヴィリアト(ルイス・ミゲル・シントラ)に指揮された市民は、勇敢に抵抗する。力では勝てないと考えたローマ軍は、ヴィリアトの部下を買収し、暗殺させる。十字軍の時代になり、ポルトガル王国が形成されていく。アフォンソ1世以降、イベリア半島の統一と北アフリカのムーア人征服が歴代国王の悲願となる。15世紀後半、カスティーリャの王位を狙ったアフォンソ5世はスペインの一部の貴族と謀り、レオン地方の大部分を占領するが、トロの戦いに敗北する。1490年4月、ジョアン2世(ルイ・ド・カルヴァーリョ)は、息子アフォンソ王子とカスティーリャのイサベラ王女(ローラ・フォルネル)を政略結婚させる。しかし8月、王子が落馬して死去したため、イベリア半島の平和的統一の夢は潰える。ポルトガルは植民地主義へ向かい、海洋帝国を目指す。ヴァスコ・ダ・ガマはインド航路を確立し、新世界への道を開いた。16世紀後半、セバスチャン王(マテウス・ロレナ)はモロッコ遠征を強行し、アルカセル・キビルで壊滅的な敗北を喫する。国王も戦死し、ポルトガルの歴史上、最大のダメージを被る。1974年の現代に戻り、カブリタ少尉は支配することの無益さを慨する。翌朝、少尉らの小隊は出発するが、ゲリラに襲われる。重傷を負い、昏睡状態に陥った少尉は、セバスチャン王の幻を見る。

作品データ

原題
'Non', ou A Va Gloria de Mandar
製作年
1990年
製作国
ポルトガル スペイン フランス
配給
アルシネテラン
上映時間
110分
製作会社
Madragoa Filmes=Tornasol Films=Gemini Films=SGGC

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?