ブライト・スター いちばん美しい恋の詩(うた)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ブライト・スター いちばん美しい恋の詩(うた)

2010年6月5日公開,119分
  • 上映館を探す

夭折した英国の詩人ジョン・キーツの生涯と愛を、史実に基づき情熱的に描き出す感動作。監督は、「ピアノ・レッスン」のジェーン・カンピオン。出演は、「エリザベス ゴールデン・エイジ」のアビー・コーニッシュ、「パフューム ある人殺しの物語」のベン・ウィショー。アカデミー賞衣装デザイン賞ほか、ノミネート多数。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1818年、詩人ジョン・キーツ(ベン・ウィショー)はその才能を世間に知られつつあったが、まだ貧しかった。そのためロンドン郊外のハムステッドにある、親友で編集者のチャールズ・ブラウン(ポール・シュナイダー)の家で居候生活を始める。キーツは、隣人であるブローン家の長女ファニー(アビー・コーニッシュ)と出会う。ファニーは輝くばかりに美しく、刺繍やダンスを好む、快活で聡明な女性だった。キーツは次第に、彼女に心を惹かれていく。一方、キーツの周りでは、結核を患う弟の死や、評論家からの酷評など、辛いできごとが相次いで起こる。しかし、深く傷つくキーツを優しく包み込んでくれるファニーの存在が、詩人キーツを成長させていく。こうしてキーツは、次第に英国文壇からも評価され始める。しかしそんなとき、キーツは弟と同じ結核にかかってしまう。ファニーはキーツに寄り添い続けるが、キーツは日に日に弱っていく。キーツは25歳という若さでこの世を去るが、2人の純粋な愛によって生み出された彼の詩は、彼の死後さらに評価を高め、現在では“世界で最も美しい詩”として知られている。

作品データ

原題
Bright Star
製作年
2009年
製作国
イギリス オーストラリア
配給
フェイス・トゥ・フェイス
上映時間
119分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?