レオニー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

レオニー

2010年11月20日公開,132分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

世界的に有名な彫刻家イサム・ノグチの母、レオニー・ギルモアの波乱に満ちた生涯をつむぐドラマ。「ユキエ」「折り梅」で注目を集めた松井久子が監督を務め、7年の歳月をかけて製作。「シャッター アイランド」のエミリー・モーティマーがレオニーを演じるほか、中村獅童、原田美枝子ら日米の実力派キャストが集結している。

予告編・関連動画

レオニー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

20世紀初頭のニューヨーク。文学の道に進む夢を持つレオニーは、とある日本人男性と出会い愛するようになる。やがて、彼の子を身ごもったものの、その男は一方的に日本に帰国し、レオニーはシングルマザーとなってしまう。彼女は我が子を“イサム・ノグチ”と名付け、日本とアメリカ、2つの国で懸命に生き抜いていく。

作品データ

原題
Leonie
映倫区分
G
製作年
2010年
製作国
日本 アメリカ
配給
角川映画
上映時間
132分

[c]レオニーパートナーズ合同会社 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2010/12/29

    角川シネマ新宿で鑑賞。良い映画だけに大きな上映館に恵まれず残念。皆さんに観てもらいたい。
    やはりこの映画はエミリー・モーティマーの熱演に尽きる。ひとりの女性の若い頃から死ぬまでを演じるというのは、どういうことだろうか。本当に全身全霊で演じきったという感じ。
    当時の日米関係が背景にあり、理解しづらい部分もあるが、時はまさに「坂の上の雲」の頃。こちらから見ると、日本は日の出の勢いという感じがするが、アメリカから見ると、やはり異国で理解できない。
    その中にあって、例えば通信が遮断され、手紙が届かないとか、現代では考えられない状況がある。やはり、通行の自由、通信の自由は守らなければならない。人の一生がかかることもある。
    母の愛がこの天才芸術家を守り抜き、そのお陰でようやく今日、この作品群に巡り合う我々の幸運に感謝したい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2010/11/24

    ・・ジェラルド・バトラーが、今まで共演した中で、最も素晴らしい女優と褒め称えた女優です。

    彼女が、女学生から、老女まで、レオニーの人生を演じきってます。

    酷い差別をお互い受けたのでしょうが、そのシーンは出てきません。
    戦争が大きく関わってもくるのですが、残酷な戦争の描写も有りません。
    それでも、徴兵制度から我が子を救うために息子を一人母国に帰す、母子にとってはとてつもなく残酷な出来事・・

    テーマはそこではなく、息子の芸術的センスを信じて疑わず、その道から逸れる事を阻んだ母の愛だからでしょうか。

    マチルダは誰の子か・・色々想像出来るような余韻を残して居ます。
    結局今も謎なのかな?ベートーヴェンの最愛の女人みたいに。

    この時代、行き来するのも大変だったろうに、居たんだな~
    沢山の外国文化が入ってきている今でも、私は英語も話せないし、海外も遠いのに。尊敬します。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    じぇふりぃちゅうぶ

    3.0
    2010/11/20

    芸術に全く無縁の私でさえ名前を知っているイサム・ノグチの誕生からを描いている。

    上映時間はやや長めだが、必要にして十分な内容であり、ジックリと観る事が出来た。

    一部にピンぼけや考証不足?と思えるカットが有るが、それを除けば撮影とか考証とかも出来ていると思える佳作。

    万人向けとは言えないが、良く出来たまともな映画です。テーマに興味が有る人なら一見の価値が有る。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2010/11/10

    明治から昭和にかけて女性が仕事を持つことも困難だった時代に、自ら選んだ己の愛を貫き、シングルマザーという運命を引き受け、イサムを芸術家になるべく育てあげた母の物語。
    やっぱ母は強しってことですか!?!?

    それにしても身勝手な日本人男はいただけない。
    レオニーの頑固さは良かった~ぁ。

    違反報告