不食の時代:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
不食の時代
不食の時代

不食の時代

2010年10月9日公開,84分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

鍼灸師の森美智代さんは「甲田メソッド」という生菜食療法で難病を克服し、1日1杯の青汁で生活を続けている。その病気とは脊髄小脳変性症。運動機能を司る小脳や脊髄が萎縮して、次第に働きを失っていく病気で、国の認定する特定疾患である。現代医学では治らないといわれ、少女時代から苦しんできたが「断食療法」の先駆的指導者である甲田光雄医師の治療によって見事に克服。その後も健康を維持するために1日80kcalの食事と若干のサプリメントで何の問題もなく暮らしている。そんな彼女の素顔とライフスタイルを、回想ドラマをはさみながら描かれるドキュメンタリー。監督は「ストーンエイジ」の白鳥哲。ドラマ部分では「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」の山田まりや、「魂の教育」の寺田千穂、「ストーンエイジ」の佐川和正、「午後の遺言状」の岡本正巳らが出演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

※本作はドキュメンタリーのためストーリーはありません。

作品データ

製作年
2010年
製作国
日本
配給
イメージ・サテライト
上映時間
84分
製作会社
東京平和=OFFICE TETSUSHIRATORI

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?